渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

大阪府警察

大阪府警の警察官が理不尽な職務質問を行い、被害を訴える男性が体調不良になる

投稿日:

大阪府堺市の男性から、「警察官から理不尽な職務質問を受け、体調不良になった」との訴えが、しらべぇ編集部に届いた。取材班は、被害を訴える男性などから詳しい話を聞いた。

■違反車を見逃して自転車を職質
堺市の男性(40)は、10月26日に自宅近くの片側2車線の道路で、自転車に乗り信号待ちをしていた。信号が青に変わると男性の目の前で、Uターン禁止箇所にも関わらず車がUターンして走り去ろうとしたという。

普段からパトカーが取締りをしている箇所のため、男性はパトカーがいないかどうか、後ろを振り返った。

すると、男性を追い越したパトカーから、男性よりはかなり年齢が若い男性警察官(20代くらい)が降りてきて、なぜか違反車のほうではなく男性の方向にやって来た。

男性が、警察官に「今、Uターン違反していた車見たでしょ? あのUターン違反者はいいんですか?」と問いかけたところ、警察官「は? どこどこどこどこ?」と答え、さらに「見てない」と言ったとのこと。

■タメ口で「協力要請」もなし
その後、「確認させてもらうわ」と自転車の防犯登録を確認されて、氏名も言わされた。職務質問である旨を告げることも、協力の要請も全くなく、自分の倍近い年齢の相手にもかかわらずタメ口で質問したあと、「はい、確認できました」 と言っただけで帰っていったという。

途中でもう一人の警察官も降りて来たため、かなりの圧迫を感じたという男性は、「『お時間取らせてすみません、 ご協力ありがとうございます』くらい言うのは普通だと思う」と話す。

また、「後ろを一回見ただけで、不審者として扱われて、 間近でUターン禁止場所で違反した車は、見逃しました。 恐怖で仕方なかったです」と当時の様子を振り返った。

「自宅近くということもあり、知人に見られていたかも知れない。今も精神的ショックで体調不良が続いています。もうパトカー恐怖症になっており、自転車で後ろを向くことすらできません」と今の深刻な症状を語った。

■東京では五輪の影響も
このところ、ユーチューバーのヒカルや亀田兄弟の父が、職務質問をされて嫌な思いをしたとYouTubeで語っている。

ネット上でも、「最近、深夜の繁華街でよく職質をやっている。残業後に少し飲んで終電を逃し、繁華街から離れたところでタクシーを探していたら声をかけられた。スーツ姿だったのに。明らかに年下の警察官がタメ口だったのでカチンときた」といった声などが多数あがっている。

警視庁の捜査員は取材に、「東京五輪に向けて、現場の警察官の職質技能の向上のため、実践経験を積ませる目的で職質を励行している」と話す。

■職質の理由を尋ねるのも有効
職質時の対応について専門家は、「警察官に声をかけられたら、まずこれが職務質問なのかどうかを確認し、『自分を疑うに足りる相当な理由』を尋ねる。たいした根拠がなければ、警察官は無理強いしてこない」という。

「しかし、それなりの理由があれば抵抗するだけ時間のムダで、潔く協力して嫌疑を晴らしたほうが良い」と述べた。

(出典:しらべぇ)

 

-大阪府警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大阪府警の布施署の巡査長、10代の少女に酒を飲ませ泥酔したところを海水浴客の前で強姦、しかし検察が不起訴へ

10代の女性に酒を飲ませて乱暴したとして、大阪府警は1日、府警布施署の巡査長、永田昌也容疑者(27)=大阪府箕面市今宮3=を準強姦容疑で逮捕した。府警によると「無理やりではないが、そういう行為をしたこ …

大阪府警の音楽隊の巡査長、14人の7〜11歳の女児にわいせつ行為を行うも本名非公表・逮捕されず罰金のみ

女児に対するわいせつ行為で、大阪府迷惑防止条例違反罪に問われ、罰金刑が確定した府警広報課音楽隊係の巡査長の男(28)の余罪がゾロソロ出てきて、他にも女児14人に、わいせつ行為をしていたことが分かった。 …

大阪府警の堺署の巡査、路上で下半身を露出したり女性にわいせつな行為を行うも、本名非公表・逮捕されず

大阪府警堺署留置管理課の男性巡査(29)が路上で下半身を露出し、女性の体を触ったとして、府警が公然わいせつや府迷惑防止条例違反(痴漢)などの容疑で、近く書類送検する方針を固めたことが4日、捜査関係者へ …

大阪府警の福島署の警部、強盗強姦事件の証拠品を紛失し、無関係の物品を証拠品として捏造する

 大阪府警福島署の刑事課長だった男性警部(55)が強盗強姦事件の証拠品として同署に保管していたたばこの吸い殻がなくなっていることを知り、事件とは無関係の吸い殻を証拠品として捏造(ねつぞう)していたこと …

大阪府警が少女に対する準強姦などの不祥事が相次いでいることで副署長会議を開催する

 少女に対する準強姦容疑で巡査長が逮捕されるなど警察官の不祥事が相次いでいる大阪府警は29日、臨時の副署長会議を開催。坂口正芳本部長は「不祥事の続発で信頼は著しく失墜した。誠に遺憾で、再発防止に取り組 …