渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

和歌山県警察

和歌山県警の御坊署の警官二人、無許可で漁業を行なったとして書類送検されるも、本名公表なし

投稿日:

 イセエビを規則に反する方法で密漁したとして、和歌山県警御坊署が近く、大阪府警の男性警察官2人を県漁業調整規則(漁具漁法の制限及び禁止)違反の疑いで書類送検する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。

捜査関係者によると、2人は2019年12月、大引漁港(同県由良町)で無許可でイセエビ2匹を突いたり、針で引っかけたりして採取した疑いが持たれている。2人は容疑を認め、「過去にも何度か釣った」などと話しているという。

同漁港のイセエビの漁業権は紀州日高漁協(同県御坊市)にあり、無許可採取は漁業法で禁止されている。また県漁業調整規則では突いたり、針で引っかけたりして取ることが禁止されている。

県警は2人が採取した数が少ないため、漁業権侵害を問うのが難しいとみて、同規則違反で立件する方針とみられる。

和歌山県内のイセエビの密漁を巡っては、田辺海上保安部が19年3月と10月、大阪狭山市消防本部の隊員計8人を漁業法違反(漁業権侵害)などの疑いで書類送検している。

(出典:毎日新聞)

大阪府警は本当に不祥事が多いですね。

-和歌山県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

和歌山県警の湯浅署の巡査長、取り調べ中に12歳の少年に暴行を加えるも、逮捕なし・本名公表せず

湯浅警察署の巡査長が、器物損壊事件の捜査で任意で事情をきいていた12歳の少年に暴行を加えていたことがわかり、警察はこの巡査長を特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検しました。 巡査長は13日付けで懲戒処分 …

和歌山県警の機動隊の巡査長、飲酒運転を行うも逮捕されず・本名公表なし

和歌山県警の29歳の巡査長が、和歌山市内で酒気帯び運転をしたとして書類送検され、停職6か月の懲戒処分を受けました。 巡査長は依願退職したということです。 処分を受けたのは、和歌山県警察本部警備部機動隊 …

和歌山県警の機動隊の巡査部長が職権を悪用して17歳の少女を強姦する

17歳の女子高校生とホテルでみだらな行為をしたとして、和歌山県警は10日、児童福祉法違反容疑で、県警機動捜査隊巡査部長田中健一容疑者(31)=海南市重根=を逮捕した。容疑を認め「悪いことをした」と供述 …