渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

警視庁

警視庁が男子大学生を公然わいせつ容疑で誤認逮捕する、あいまいな証拠で無実の人間を逮捕する警視庁のゴミクズたち

投稿日:2020年2月8日 更新日:

 警視庁保安課は8日、東村山署が同日未明に公然わいせつ容疑で大学2年の20代男性=東京都東村山市=を誤認逮捕したと明らかにした。男性は約1時間20分間にわたり拘束された。同課は「男性が容疑者に似ているとの目撃証言を重視し、裏付け捜査が不十分だった」としている。

同課によると、同日午前0時20分ごろ、同市内のマンション敷地内で、男が下半身を露出する公然わいせつ事件が発生。アルバイトの20代女性=同市=からの110番通報を受け、緊急配備中の同署員が近くで背丈や服装などが目撃証言と似ている男性を発見、職務質問した。男性は容疑を否認したが、女性が「あの人に間違いない」と証言したため、現行犯逮捕した。

その後、同署で再び女性に確認を求めたところ、女性は「違う人だったかもしれない」と説明。男性が事件発生直前にスマートフォンで撮影していた写真などからも事件と無関係だと判明したという。

保安課は「指導教養の徹底を図り、再発防止に努めていく」としている。

(出典:産経新聞)

本当に警視庁は誤認逮捕ばかり起こしていますね。女性の証言のみで、客観的な証拠も調べもせずに逮捕するなんて本当に警視庁はゴミクズです。

警視庁は中学生を脅迫したり、女性を強姦するような警察組織ですので、このような不祥事はこれからも起き続けるでしょう。

-警視庁

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

警視庁の目白署の巡査長、女子トイレで3回盗撮を行うも逮捕・公表されず

勤務する警察署の女子トイレにスマートフォンを仕掛けて盗撮したとして、警視庁は2日、目白署刑事組織犯罪対策課の男性巡査長(26)を建造物侵入と東京都迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで書類送検し、発表した。 …

警視庁の牛込署の巡査部長、飲酒運転を行い車と物損事故を起こすも減給処分のみ、逮捕・本名公表なし

 勤務中に酒気帯び運転で物損事故を起こしたとして、警視庁は22日、牛込署刑事組織犯罪対策課の男性巡査部長(42)を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。巡査部長は同日付で依願退職した。 人事1 …

警視庁の中野署の警察官、工具所持の工事業者を身体拘束し性器や肛門を陵辱したとして提訴される。日本社会の敵となった警視庁

警視庁中野署の警察官から、違法な取り調べ・身体拘束をされて、精神的な苦痛を受けたとして、東京都の工事業者の男性が4月26日、国家賠償法に基づき、東京都(小池百合子知事)に慰謝料など計330万円の支払い …

警視庁のサイバー対策課の巡査部長、125万円を不正に受給したとして電子計算機使用詐欺を行うも、本名公表なし・逮捕されず

 水増しした超過勤務時間をシステムに入力し、超勤手当など計約125万円を不正に受給したとして、警視庁は20日、サイバー犯罪対策課の男性巡査部長(40)を電子計算機使用詐欺などの容疑で書類送検した。 同 …

警視庁の竹ノ塚署の警部補、供述調書を偽造し公文書偽造を行うも逮捕されず・本名公表なし

 捜査書類の日付や署名欄などに虚偽の内容を書き込んだなどとして、警視庁は13日、竹の塚署の男性警部補(39)ら3人を有印公文書偽造・同行使などの容疑で書類送検し、この警部補を停職3カ月の懲戒処分などと …