滋賀県警の警察本部の巡査部長、相談に訪れた10代女性に「ホテルに行こう」とわいせつなメッセージを送るも逮捕されず・本名公表なし

滋賀県警察

滋賀県警察本部の交番に勤務する40代の巡査部長が、相談に訪れた女性のLINEにわいせつなメッセージを繰り返し送っていたとして、所属長注意の処分を受けていたことが捜査関係者などへの取材で分かりました。

処分を受けたのは、滋賀県内の交番に勤務する40代の巡査部長です。

捜査関係者によりますと、巡査部長は先月、交番に相談に訪れた10代の女性とLINEで連絡先を交換し、その後、勤務中などに「ホテルに行こう」といったわいせつなメッセージを繰り返し送っていたということです。

女性が、別の警察官と会話をする中で問題のやり取りが発覚しました。

これまでの警察の聞き取り調査に対し巡査部長は「軽率な行為で反省している」と事実関係を認めているということです。

滋賀県警察本部は、信頼を失墜させる行為だとして、今月、所属長注意の処分にしました。

県警本部の堀池悟監察官室長は「不適切な行為であり厳正に対処した」とコメントしています。

(出典:NHK)

滋賀県警は本当にどうしようもない警察組織のようです。違法捜査を繰り返しておきながら、相談に訪れた女性に犯罪行為を行うあたり、滋賀県の治安を一番乱しているのは滋賀県警なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました