北海道警察の室蘭署の巡査長が、女子高生との淫行(性交)で逮捕へ

北海道警察

室蘭署地域課の現職警察官が、旅行先の秋田市内のホテルで、同県内の女子高校生(16)にみだらな行為をしたとして、同県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで秋田署に逮捕されたことが一日、分かった。道警監察官室は近く、この警察官を懲戒処分とする方針。

同監察官室などによると、逮捕されたのは室蘭市中島町一ノ七、室蘭署地域課巡査長榎泰幸容疑者(39)。調べによると、榎容疑者は八月三十一日、秋田市内でたまたま知り合った高校生の少女を、電話で同市内の宿泊先のホテルに呼び寄せ、同日夕方から一日未明にかけ、相手が未成年と知りながら、みだらな行為をした疑い。

榎容疑者は八月三十日―九月二日の日程で休暇を取り、バイク旅行中だった。少女とは三十一日に秋田市内で道を尋ねた際に知り合い、携帯電話の番号を教え合ったという。少女がホテルにいることを知った親からの通報で、秋田署員が現場に駆けつけ、榎容疑者と一緒にいた少女を保護した。少女は家出中で、親から捜索願が出ていたという。

(出典:北海道新聞)

北海道県警が秋田県警に逮捕されたかたちですね。ちなみに少女の親はどうやって少女がホテルにいることを知ったのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました