渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

香川県警察

香川県警の男性職員、雑誌や衣類を野焼きしたとして書類送検される。

投稿日:

所有する畑で雑誌や衣類を野焼きしたとして、香川県警察本部の男性職員が廃棄物処理法違反の疑いで書類送検され、25日までに略式起訴されていたことがわかりました。

略式起訴されたのは、県警察本部に勤務する課長級の男性職員です。

起訴状によりますと、職員はみずからが所有する高松市内の畑で先月、雑誌や衣類など11キロ余りを野焼きしたとして、廃棄物処理法違反の罪に問われています。

職員が野焼きをしているのに近くに住む人が気づいて警察に通報し、警察が今月6日、この職員に対し、本部長による訓戒を行うとともに書類送検をしていたということで、高松区検察庁は24日、この職員を略式起訴しました。

警察の調べに対し、職員は野焼きが違法であるという認識があったと認めたうえで「2度とやりません」と話しているということです。

(出典:NHK)

野焼きって、違法だったんですね。

-香川県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

香川県警の丸亀署の警部補、リサイクルショップの店員を強要・脅迫するも本名非公表・逮捕なし

今年6月、丸亀警察署の警部補が、私用で訪れたリサイクル店で警察の立場を利用して、店を脅したなどとして書類送検されました。 高松地検に書類送検されたのは丸亀警察署の40代の男性警部補です。 店や警察によ …