渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

京都府警察

京都府警の南署の巡査、バイクでパトロール中に20代の男性に追突し全治90日の怪我を負わせるも申告せず、逮捕されず・本名公表なし

投稿日:2019年12月21日 更新日:

 京都府警の男性巡査がバイクでパトロール中、事故を起こして歩行者にけがをさせたにもかかわらず、申告をしなかったとして書類送検されていたことが分かりました。

過失運転傷害などの疑いで書類送検されたのは京都府警南署の20代の男性巡査です。警察によりますと、巡査は今年9月、京都市南区の市道をバイクでパトロール中、スリップして転倒。その際、滑ったバイクが付近を歩いていた20代男性に当たり、全治90日のけがをさせましたが、申告しなかった疑いです。

事故後、男性が警察に通報し、発覚しました。男性巡査は、「歩行者にバイクがぶつかったことに気が付かなかった」と話しているということです。

京都府警は男性巡査を本部長注意の処分としました。京都府警で今年、逮捕や書類送検された警察官は15人に上ります。

(出典:TBS)

京都府警は本当に不祥事が多いですね。

追記:

 京都地検は26日、オートバイでパトロール中に転倒し、歩行者にけがを負わせたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(事故不申告)の疑いで書類送検された南署の20代男性巡査を不起訴処分(起訴猶予)とした。地検は「諸般の事情を考慮した」としている。

男性巡査は9月中旬の深夜、京都市南区をオートバイで巡回中に転倒し、歩行者の20代男性に衝突して左手にけがを負わせたのに事故を申告しなかったとして、今月5日に書類送検されていた。

(出典:京都新聞)

京都で交通事故を起こして大怪我をさせても、警察官ならば罪にならなないと京都地検は考えているようです。日本の司法はここまで腐敗しているようです。

-京都府警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

京都府警の南警察署の男性巡査が夕食代2130円を窃盗する、本名非公表・逮捕せず

 京都府警南署で20代の男性巡査が9月、当直員の夕食代計2130円を盗んだとして、府警が窃盗容疑で書類送検していたことが7日、府警への取材で明らかになった。書類送検は10月24日付で、府警は同日、巡査 …

京都府警の県警本部の警部補、女子大生のスカートの中を盗撮するも減給処分のみ、逮捕・本名公表されず

京都府警察本部の警部補が、7日夜、地下鉄の車内で女性のスカートにスマートフォンを差し入れて盗撮しようとしたとして逮捕されました。調べに対し、容疑を否認しているということです。 逮捕されたのは、京都府警 …

京都府警の下京署の署長、「暴力排除」のポスターに自分の息子を起用する公私混同を行う

これほどわかりやすい「公私混同」が、かつてあっただろうか……。 11月中旬、京都府警下京警察署が管轄内に配布したポスターが、いま、警察内部で物議を醸(かも)している。配布されたのは、「暴力排除」と「交 …

京都府警の東山署の巡査長、犯人に捜査情報を流す見返りに現金200万円を受け取る収賄を行い逮捕される

 京都府警の警察官による捜査情報の漏洩(ろうえい)事件で、捜査情報を教える見返りに知人から現金を受け取ったとして、京都府警は5日、収賄容疑で府警東山署刑事課の巡査長、池田大助被告(40)=地方公務員法 …

京都府警の宮津署の巡査、女性二人に付きまといストーカー行為を行うも注意のみ、逮捕せず・本名公表なし

 女性につきまとい行為をしたとして、京都府警が宮津署の20代男性巡査を所属長注意の処分にしていたことが分かった。処分は12日付。 府警監察官室によると、4月下旬と8月上旬の夜、京都市内の路上で女性2人 …