渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

京都府警察

京都府警の下京署の署長、「暴力排除」のポスターに自分の息子を起用する公私混同を行う

投稿日:2019年12月18日 更新日:

これほどわかりやすい「公私混同」が、かつてあっただろうか……。

11月中旬、京都府警下京警察署が管轄内に配布したポスターが、いま、警察内部で物議を醸(かも)している。配布されたのは、「暴力排除」と「交通安全」を啓蒙するポスターだが、問題はその内容ではなく、起用された人物。鋭い眼光でこちらを見つめポーズを取る若者は、西元也史(なるふみ)という売り出し中のK-1選手だが、実は彼の父親は、下京警察署の署長なのだ。

「今年3月に下京署長に就任した西元博史警視正です。それまでは、京都府警の首席監察官を務めていました。監察官といえば、不祥事を起こした警官を取り締まるのが仕事。素行不良の警官を炙(あぶ)り出すことから、警察内部では〝警察の警察〟と呼ばれ恐れられています」(全国紙京都担当記者)

監察官として長年警官の不祥事に目を光らせてきた西元署長だったが、息子にだけは甘かったようだ。

「起用には西元署長の意向があったと聞いています。ポスター撮影は10月半ばに下京警察署内で行われましたが、下京警察署は完成までポスターの内容を府警本部には知らせなかった。刷り上がったポスターを見た府警上層部は、『公私混同ではないか』と問題視している。下京警察署内でも、顰蹙(ひんしゅく)を買っています」(京都府警関係者)

はたして、「息子のポスター起用」に正当な理由があるのか。下京警察署副署長は、本誌の取材にこう答えた。

「ポスターなので少しでも目を引くモノをと考え、スポーツ選手を起用したらどうかということになりました。ただ、(有名な選手には)ギャラが30万~40万円と言われ、うちは予算がほとんどないもので困っていたんです。どうしようと話し合っていたら、たまたま『署長の息子がK-1の選手らしいぞ』と聞きまして……。頼んでみたらノーギャラで出てくれるということになり、起用を決めました。支払ったのは、撮影のときのお昼ご飯代1000円だけです」

「他に頼めなかったから署長の息子を起用した」というのはあまりにも苦しい言い訳だ。元兵庫県警刑事で警察ジャーナリストの飛松五男氏が言う。

「本当にノーギャラだったとしても、ポスターの撮影代や印刷代は税金から支払われているわけですから、署長の息子を起用するのは紛れもない公私混同です。息子を起用すればいろいろ顰蹙を買うのはわかりきっている。それがわからないほど、一般社会と警察の〝常識〟は乖離(かいり)しているのです」

親バカで済まされる話ではない。

(出典:FRIDAY)

京都府民の税金がこんな形で使われるなんて悲しいですね。

-京都府警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

京都府警が令状がない状態で女性の自宅に侵入する違法捜査を行う、しかし謝罪や処分なし

京都市の30代の女性が覚醒剤を使用した罪に問われた裁判で、京都地方裁判所は、「令状がない状態で警察官が女性の自宅に入り込んだ行為は違法だ」と指摘し、覚醒剤の陽性反応が出た鑑定結果は証拠として認められな …

京都府警の東山署の巡査部長、電車で痴漢するも減給処分のみで刑事処分無し、京都府警は身内に甘い

 電車で痴漢行為をしたとして、京都府警東山署の50代の男性巡査部長が、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分を受けていたことが17日、分かった。処分は4月25日付。巡査部長は同日付で依願退職した。 府 …

京都府警の山科署の巡査長、高齢男性から1千万円を超える現金をだまし取ったとして逮捕される

 特殊詐欺の対策で知り合った70代の高齢男性から1千万円を超える現金をだまし取ったとして、京都府警は15日、詐欺容疑で府警山科署に勤務する巡査長、高橋龍嗣容疑者(38)=京都市中京区=を逮捕した。「金 …

京都府警の南署の巡査、バイクでパトロール中に20代の男性に追突し全治90日の怪我を負わせるも申告せず、逮捕されず・本名公表なし

 京都府警の男性巡査がバイクでパトロール中、事故を起こして歩行者にけがをさせたにもかかわらず、申告をしなかったとして書類送検されていたことが分かりました。 過失運転傷害などの疑いで書類送検されたのは京 …

京都府警の向日町署の警部補、女子高生に強制わいせつを行った上に怪我をさせて逮捕される

 京都府警は15日、路上で女子高校生を引き倒してわいせつな行為をしたなどとして強制わいせつ致傷容疑で逮捕された向日町署交通課の警部補、東祐馬容疑者(34)を懲戒免職にした。東容疑者は「被害者の方には大 …