渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

警視庁

警視庁の町田署の警部補、コンビニエンスストアに実弾を装填した拳銃を置き忘れる

投稿日:

 警視庁の警察官が、東京・町田市のコンビニエンスストアのトイレに拳銃を置き忘れたことが分かりました。直後に入った客が見つけ、使用された形跡はありませんでした。

警視庁によりますと、15日午前8時半ごろ、町田警察署生活安全課の49歳の男性警部補が特殊詐欺の被害防止対策で立ち寄った市内のコンビニでトイレを借りた際、装備していた拳銃を置き忘れました。

直後にトイレを利用した客が壁のフックにベルトごとかけられた拳銃を見つけて店員に伝え、午前10時過ぎに副店長の女性が110番通報して発覚しました。拳銃には実弾5発が装填されていましたが、使用された形跡はなかったということです。

警視庁は、「拳銃の適正な保管管理について改めて徹底してまいりたい」とコメントしています。

(出典:TBS)

安定の警視庁。

-警視庁

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

警視庁の新宿署の巡査部長、横断歩道を青信号で渡っていた4歳の男児を轢き殺す、しかし本名非公表・逮捕されず

 8月に東京・千代田区で当時4歳の男の子が緊急走行中のパトカーにはねられて死亡した事故で、パトカーを運転していた男性巡査部長が書類送検されました。 千代田区の新宿通りで8月、横断歩道を青信号で渡ってい …

警視庁の竹ノ塚署の警部補、供述調書を偽造し公文書偽造を行うも逮捕されず・本名公表なし

 捜査書類の日付や署名欄などに虚偽の内容を書き込んだなどとして、警視庁は13日、竹の塚署の男性警部補(39)ら3人を有印公文書偽造・同行使などの容疑で書類送検し、この警部補を停職3カ月の懲戒処分などと …

警視庁の目白署の巡査長、女子トイレで3回盗撮を行うも逮捕・公表されず

勤務する警察署の女子トイレにスマートフォンを仕掛けて盗撮したとして、警視庁は2日、目白署刑事組織犯罪対策課の男性巡査長(26)を建造物侵入と東京都迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで書類送検し、発表した。 …

警視庁が男子大学生を公然わいせつ容疑で誤認逮捕する、あいまいな証拠で無実の人間を逮捕する警視庁のゴミクズたち

 警視庁保安課は8日、東村山署が同日未明に公然わいせつ容疑で大学2年の20代男性=東京都東村山市=を誤認逮捕したと明らかにした。男性は約1時間20分間にわたり拘束された。同課は「男性が容疑者に似ている …

北海道警察の斜里署の警視、20代女性に強制わいせつを行うも逮捕されず・不起訴へ

 北海道警は6日、7月に20代の知人女性の体を触ったとして、強制わいせつ容疑で、前斜里署長、柴田利幸警視(56)の捜査結果を釧路地検に書類送付し、停職3カ月の懲戒処分とした。女性からの告訴がなく、釧路 …