警視庁の町田署の警部補、コンビニエンスストアに実弾を装填した拳銃を置き忘れる

警視庁

 警視庁の警察官が、東京・町田市のコンビニエンスストアのトイレに拳銃を置き忘れたことが分かりました。直後に入った客が見つけ、使用された形跡はありませんでした。

警視庁によりますと、15日午前8時半ごろ、町田警察署生活安全課の49歳の男性警部補が特殊詐欺の被害防止対策で立ち寄った市内のコンビニでトイレを借りた際、装備していた拳銃を置き忘れました。

直後にトイレを利用した客が壁のフックにベルトごとかけられた拳銃を見つけて店員に伝え、午前10時過ぎに副店長の女性が110番通報して発覚しました。拳銃には実弾5発が装填されていましたが、使用された形跡はなかったということです。

警視庁は、「拳銃の適正な保管管理について改めて徹底してまいりたい」とコメントしています。

(出典:TBS)

安定の警視庁。

コメント

タイトルとURLをコピーしました