渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

三重県警察

三重県警の巡査、住居侵入と窃盗未遂の罪で逮捕へ

投稿日:2019年10月19日 更新日:

 三重県警は18日、住居侵入と窃盗未遂の疑いで、伊賀署地域課の巡査、大崎雄人容疑者(21)=同県松阪市久米町=を逮捕した。

逮捕容疑では、15日午前8時~午後2時40分ごろ、伊賀市内の男性(65)宅に窃盗目的で侵入し、室内を物色したが何もとらずに逃げたとされる。

県警監察課によると、容疑を認め「お金が欲しかった」と供述しているという。15日に男性から伊賀署に通報があった。現場に残された遺留品などから大崎容疑者が浮上した。

大崎容疑者は2017年に採用され、18年1月末から伊賀署の丸の内交番に勤務。被害に遭った男性宅は交番の管轄地域だった。15日は当直明けで休みだった。

事件を受けて、杉本幸孝首席監察官は「被害者、県民の皆さまに深くおわび申し上げる」と陳謝した。

(出典:中日新聞)

侵入された男性も、犯人が警察官だとは思わなかったでしょう。

-三重県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした