京都府警の教養課の警部補、和歌山市内のコンビニで万引きをしたとして逮捕される、京都府警の警察官の逮捕は今年で6人目

京都府警察

 コンビニエンスストアで万引きをしたとして、和歌山県警は9日、京都府警教養課の係長で警部補の藤田良穂容疑者(55)=大阪府池田市旭丘2=を窃盗容疑で逮捕した。県警によると「和歌山のコンビニに立ち寄った記憶はあるが、5カ月前ですぐには思い出せない」などと容疑を否認しているという。

逮捕容疑は7月17日午後0時35分ごろから55分ごろまでの間に、和歌山市内のコンビニ2店舗でダイエットサプリメント2袋(計2900円相当)とカミソリの替え刃2個(計5140円相当)を盗んだとしている。

県警によると、コンビニの防犯カメラの映像などから浮上した。藤田容疑者は事件当日は休みを取っており、和歌山市内でレンタサイクルを借りていた。職場の京都府警警察学校で逮捕された。

府警によると、藤田容疑者は1987年4月採用。2012年に警視に昇任し府警少年サポートセンター所長や伏見署警務課長などを務めたが、昨年8月に自己都合で降任を申し出て警部補となり現職に就いた。

府警の警察官の逮捕は今年6人目で、記録が残る98年以降で最悪。姫野敦秀首席監察官は「事件の被害者などに衷心よりおわび申し上げる。捜査結果を踏まえ厳正に対処する」と述べた。

(出典:毎日新聞)

京都府警は本当に不祥事が多いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました