渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

福岡県警察

福岡県警の県警本部の巡査部長、妻子3人を殺害したとして一審判決で死刑が下される

投稿日:2019年12月14日 更新日:

 「現職警察官の衝撃的事件。社会的影響は軽視できない」ー。福岡県小郡市の妻子3人殺害事件で、福岡地裁の裁判員裁判は13日、元福岡県警巡査部長の中田充被告(41)に死刑を言い渡した。直接証拠がなく、間接証拠の積み重ねを吟味し、犯人は被告以外にあり得ないと導いた。無罪主張を退けられ、極刑を告げられてもほぼ表情を変えなかった中田被告に、遺族は厳しい視線を向けた。安全安心を守る立場の元同僚の死刑判決に、福岡県警では「最悪」と衝撃が走った。

「事案に鑑み、理由を先に説明します」ー。午後2時半、地裁912号法廷。柴田寿宏裁判長は静かに判決理由を語り始めた。中田被告は、弁護士席の前に腰掛けて両手の拳を握りしめ、理由を聞き入った。

「捜査を見直して犯人を捕まえてほしい」などと一貫して無罪を主張してきた中田被告。判決では「事実に反する虚偽の供述」などと断罪され、ことごとく退けられた。

柴田裁判長が子2人について「無限の可能性のある未来を突然閉ざされた」と指摘すると、真一文字に結んだ口元が一瞬震えた。

中田被告は15年間福岡県警で働き、事件当日も所属する通信指令課で普段通り勤務した。「問題なかった」(県警)という警察官の事件は関心が高く、この日は一般傍聴券23席を求め476人が列をなした。

元同僚「最大の不祥事」

福岡市博多区の県警本部。午後3時すぎ、ネットニュースで「死刑判決」が速報されると、ある幹部のスマートフォンが振動した。速報を見た幹部は「背筋が凍った」。捜査に関わった別の幹部は「徹底的に捜査したので、適切な判断」と受け止めたが、「組織としては最大の不祥事」と頭を抱えた。

妻子3人を手にかけたことが認定されたため、ある捜査関係者は「死刑は当然。でも、県警の悪い印象は今後も持たれ続ける」と憤った。「死刑なんて聞いたことがない。われわれはいい仕事を重ねていくしかない」。別の捜査関係者は自らに言い聞かせた。

被告とかつて同じ職場だった幹部は「口数は少なくて静かなやつ」と振り返る。死刑判決を受け「もうコメントのしようがない…」。複雑な胸中を吐露した。

県警は、中田被告が逮捕された後、警務部長が2回記者会見して謝罪した。だが、この日は会見を開かず、「判決については、コメントを差し控えたい。今後とも職員の指導教養に努めていく」(棟杉邦哉首席監察官)とのコメントを発表しただけだった。

被害者参加制度を利用し、裁判を傍聴してきた妻由紀子さん=当時(38)=の母親と姉、妹は法廷で判決に耳を傾けた。

「死刑に処する」。柴田裁判長が告げた瞬間、傍聴席の母親はうつむき、数秒間眼を閉じた。姉と妹は表情を崩さないまま、目線を中田被告に向けた。

「判決は、私たちの意見と異なることはありません。しかし、殺された理由や、詳しい事実は結局分からないままとなり、この点には到底納得がいきません」。閉廷後、遺族はコメントを出した。

(出典:西日本新聞)

-福岡県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

福岡県警の東警察署の警部補、強制捜査をしない見返りに暴力団から現金を受け取り逮捕される

福岡県警は25日、暴力団に近い人物から恐喝事件に関する相談を受け、強制捜査にならないよう担当の警察官に働き掛けた見返りに、現金を受け取ったとして、収賄容疑で県警東署刑事2課の警部補中村俊夫容疑者(49 …

福岡県警の白バイが自転車の60代の女性を轢くも、県警は白バイの修理代などおよそ40万円の賠償を求めて訴訟を起こす、なお県警はこの事件を公表せず

 福岡県警の白バイと衝突してけがをしたとして、60代女性が県警に損害賠償訴訟を起こしたことを受け、同県は25日、「県警に過失はなかった」とし、白バイの修理費など約40万円の支払いを求めて反訴すると発表 …

福岡県警の公安課の巡査長、警察官が現金を奪うなどの窃盗を行うも、不起訴・本名公表せず

9月、職場で同僚4人の机の引き出しから現金を盗んだ疑いで書類送検された福岡県警の元巡査長が、不起訴処分となりました。 不起訴処分となったのは、福岡県警公安第3課の元巡査長の男性(31)です。 男性は2 …

福岡県警の筑後署の警部補、飲酒運転でバイクで通勤するも在宅捜査のみで、逮捕されず・本名公表なし

先月、筑後警察署の50代の警察官が、酒気帯びの状態でバイクで通勤した疑いがあることがわかりました。 前日の夜に飲んだ酒が残っていたとみられ、警察は道路交通法違反の疑いで捜査しています。 福岡県警察本部 …

福岡県警の東署の巡査部長、女子トイレに侵入するも不起訴処分に、検察と警察の癒着は深刻に

コンビニエンスストアの女子トイレに侵入したとして、福岡県警の47歳の巡査部長が逮捕されました。 建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、福岡県警東警察署生活安全課の巡査部長・厚地貴史容疑者です。 厚地容疑者 …