渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

愛媛県警察

愛媛県警の男性巡査、36キロオーバーのスピード違反で検挙されるも、訓戒処分のみ

投稿日:

県警の男性巡査が先月、東温市の国道でオートバイを運転中36キロオーバーのスピード違反で検挙されていたことがわかりました。

県警監察官室によりますと、男性巡査は先月上旬、深夜、帰宅中に東温市の制限速度60キロの国道をオートバイで時速96キロで走行し、取り締まりにあたっていた警察官に検挙されました。男性巡査は所属長訓戒処分を受け「早く帰宅しようとついスピードを出してしまった」と話しているということです。

このほか警察署に勤務する男性巡査部長が、9月下旬に飲食店で顔見知りの男性グループに対し泥酔し暴言を吐いたとして、同じく所属長訓戒処分を受けています。

(出典:テレビ愛媛)

愛媛県警は日本の恥。

-愛媛県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛媛県警により女子大生が誤認逮捕された問題で、逮捕状を出した裁判官の名前は不開示

日本の捜査機関の誤認逮捕や違法捜査が常態化しつつあるので、これを記録するためにブログを始めたいと思います。 最近では女子大生が誤認逮捕された上に、手錠をかけられて自白の強要を行ったことが、ニュースで明 …

愛媛県警の巡査部長が交通違反で摘発した人の氏名や違反内容を妻に漏らす

 愛媛県警の巡査部長が、自ら交通違反で摘発した人の氏名や違反内容を妻に漏らしたとして、県警が地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで巡査部長を書類送検していたことが14日までに、県警への取材で分かった。 …

愛媛県警の松山東署、無実の女子大生に対して誤認逮捕、自白強要する、愛媛県警は恥を知るべし

 事件は今年1月9日未明に市内で発生。タクシーの運転手が何者かに現金5万円とセカンドバッグを盗まれた。容疑者として浮上したのはタクシーのドライブレコーダーに写っていた女。女はタクシーから降りた後、とあ …

愛媛県警の巡査部長が盗撮と下着泥棒と児童ポルノ法違反、しかし本名非公表・逮捕されず

愛媛県警監察官室は11日、女性を盗撮したり下着を盗んだりしたとして警察署勤務の40代男性巡査部長を懲戒免職処分にしたと発表した。氏名や所属署名は「本人のプライバシーに関わる」として明らかにしていない。 …

愛媛県警の松山東署が女子大生を誤認逮捕した問題で、本部長は誤認逮捕した警官を処分しないことを決定する、愛媛県警は日本の恥となる

県警による誤認逮捕問題で、篠原本部長は3日、取り調べに関係した捜査員らについて、改めて処分しない考えを示しました。 篠原英樹県警本部長「違法な取り調べは認められず、職務を怠った規律違反にはあたらないと …