愛媛県警の男性巡査、36キロオーバーのスピード違反で検挙されるも、訓戒処分のみ

愛媛県警察

県警の男性巡査が先月、東温市の国道でオートバイを運転中36キロオーバーのスピード違反で検挙されていたことがわかりました。

県警監察官室によりますと、男性巡査は先月上旬、深夜、帰宅中に東温市の制限速度60キロの国道をオートバイで時速96キロで走行し、取り締まりにあたっていた警察官に検挙されました。男性巡査は所属長訓戒処分を受け「早く帰宅しようとついスピードを出してしまった」と話しているということです。

このほか警察署に勤務する男性巡査部長が、9月下旬に飲食店で顔見知りの男性グループに対し泥酔し暴言を吐いたとして、同じく所属長訓戒処分を受けています。

(出典:テレビ愛媛)

愛媛県警は日本の恥。

コメント

タイトルとURLをコピーしました