渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

神奈川県警察

神奈川県警の海老名署の警官、ブラジル人の男性の胸部を押さえつけて殺害するも、本名公表されず・逮捕なし

投稿日:

 神奈川県警海老名署さがみ野駅前交番(海老名市東柏ケ谷2丁目)で4月、交番内で暴れたブラジル国籍の男性=当時(39)=が複数の警察官に取り押さえられた後、窒息死した事件で、県警は10日、業務上過失致死の疑いで、同署の男性巡査(22)と男性巡査部長(41)を書類送検した。2人の行為と死亡との因果関係が必ずしも明確ではないとして、起訴を求めない意見も付けた。

巡査の書類送検容疑は、男性の制圧時に胸部を押さえ付けて死亡させた、としている。巡査部長の書類送検容疑は、男性の容体急変後に119番通報した際、男性の胸の上下動の状況について十分な確認をせず、救急隊に適切に容体を伝えなかったため、必要な処置を施す機会を逸した、としている。

県警によると、男性は4月7日午前2時10分ごろ、酒に酔った状態で同交番を訪れ、応対した巡査部長の顔を殴打したり、いすを投げ付けたりして暴れた。応援要請を受けて駆けつけた巡査ら複数の警察官が男性を床に押さえ付け、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕したが、間もなく容体が急変。釈放した上で病院に搬送したが、同3時25分ごろに死亡が確認された。

男性の死因は胸を圧迫されたことによる窒息死で、県警は男性の解剖所見や医療関係者らへの聴取などを基に因果関係を捜査していた。

県警は10日、男性についても公務執行妨害と傷害の疑いで、容疑者死亡のまま書類送検した。県警は「亡くなった男性のご冥福を祈るとともに、ご家族にお悔やみを申し上げる」としている。

(出典:神奈川新聞)

また起きてしまった警察官による殺人事件。しかも、今回は不祥事の総合デパート神奈川県警ですか。

-神奈川県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神奈川県警の警部補が建造物侵入で現行犯逮捕される

 26日午前2時ごろ、横浜市旭区鶴ケ峰2の雑居ビルの階段に男が侵入しているのをビルの男性オーナーが見つけて、取り押さえた。男は神奈川県警暴力団対策課の小笠原利晴警部補(40)で、通報で駆けつけた県警旭 …

神奈川県警の白バイ隊の巡査部長、女性の前で全裸になり公然わいせつで逮捕、理由は「女性の反応を見て興奮したかった」

 全裸になり通行中の女性に見せたとして、神奈川県警監察官室は17日、公然わいせつ容疑で、県警交通総務課の巡査部長、倉田佳典容疑者(34)=川崎市高津区久本=を逮捕したと発表した。同室によると容疑を認め …

神奈川県警、警官の覚醒剤使用事件を組織的に隠蔽する

少し前の話になりますが、神奈川県警では警察官が覚せい剤を使用した事件を組織的に隠蔽したことがあります。結局、3年後にバレてしまい、警察官9人が立件され、県警本部長を含めた5人が有罪判決を受けました。 …

神奈川県警の相模原署の巡査長、多目的トイレで女子中学生を児童買春したとして逮捕される

 神奈川県警は6日、相模原署生活安全課巡査長、西山健一容疑者(32)(神奈川県伊勢原市桜台)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した。 発表によると、西山容疑者は2月28日、横浜市西 …

神奈川県警の警部補、「バイクの音がうるさい」と男性に暴行するも逮捕されず・本名公表なし

酒に酔った神奈川県警の男性警部補が横浜市の路上でバイクで信号待ちをしていた男性の顔を殴ったとして、警察が暴行事件として捜査していることが分かりました。 今年9月、横浜市港南区の路上で、バイクで信号待ち …