渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

山形県警察

山形県警の山形署の警視、カニの缶詰2個と牛タンの缶詰1個を盗んだとして逮捕される

投稿日:

 山形県警は9日、同県警警視で山形署交通官の岩田知之容疑者(49)=山形市上桜田1=を窃盗容疑で現行犯逮捕した。県警監察課によると、容疑を認めているという。逮捕容疑は同日午前11時20分ごろ、同市七日町1の百貨店「大沼山形本店」で缶詰など5点(約1万3000円相当)を盗んだとしている。

地下1階の食品売り場でカニの缶詰2個、牛タンの缶詰1個などを盗むのを警備員が目撃。店外に出た際に声を掛けると逃走したが、付近にいた人と取り押さえたという。

岩田容疑者は勤務日で、午前10時から1時間、同市内で交通に関する講話をした。公用車で1人で出かけ、署に戻る途中だったという。1990年4月採用で、勤務態度に問題はなかったという。

那須和明首席監察官は「警察幹部が逮捕されたことは県民や被害者に申し訳ない。原因を明らかにし、再発防止に努める」と陳謝した。

(出典:毎日新聞)

そんなに食べたかったのでしょうか。

-山形県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

山形県警の長井警察署、78歳の男性を制圧し心肺停止のち死亡、制圧した警察官に処分なし

長井警察署で去年5月、事情聴取中の男性が暴れ出したために署員に押さえこまれて心肺停止状態となり、翌日死亡した問題で、県警察本部は13日、『事件性は認められない』とする捜査結果を山形地方検察庁に送った。 …