和歌山県警の湯浅署の巡査長、取り調べ中に12歳の少年に暴行を加えるも、逮捕なし・本名公表せず

和歌山県警察

湯浅警察署の巡査長が、器物損壊事件の捜査で任意で事情をきいていた12歳の少年に暴行を加えていたことがわかり、警察はこの巡査長を特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検しました。
巡査長は13日付けで懲戒処分を受けて、依願退職しました。

書類送検されたのは湯浅警察署に所属する32歳の巡査長です。
警察によりますと、巡査長はことし7月24日の午後3時ごろ器物損壊事件の捜査で、任意で事情をきいていた、12歳の中学1年生の少年の顔を数回にわたって平手打ちするなどの暴行を加えたとして特別公務員暴行陵虐の疑いが持たれています。
この日の夜に少年の保護者から電話で通報があったことから警察が調べたところ巡査長は暴行したことを認めたうえで「ふてぶてしい態度に腹がたった」などと話したということです。
警察は13日、巡査長の書類を検察庁に送るとともに戒告の懲戒処分にしました。
巡査長は13日付で依願退職しました。
和歌山県警察本部の徳田太志首席監察官は「被害者とそのご家族の方に深くおわびします。再発防止をはかり信頼回復につとめます」とコメントしています。

(出典:NHK)

未成年に暴行を加えても戒告で済んでしまうあたり、本当に警察組織はどうしようもないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました