渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

福井県警察

福井県警の福井署の警部、警部の父親が恐喝を行なっているにも関わらず静止せず、本名非公表・逮捕されず

投稿日:

 福井県警福井署の課長を務める50代の男性警部が、父親が恐喝した疑いのある現場に居合わせたにもかかわらず制止せず、警察官の信頼を損なわせたとして、県警がこの警部を本部長訓戒としていたことが12月2日、県警への取材で分かった。11月29日付。警部は同日、依願退職した。

県警監察課によると、警部が警部補だった2013年春、父親が知人とトラブルとなり、その後、父親は知人から約500万円を受け取った。父親は亡くなり、県警は11月29日に容疑者死亡のまま恐喝の疑いで書類送検した。

トラブルの最中、警部は父親から呼び出され、現場に居合わせた。しかし、制止はしなかった。知人からの被害届は出ておらず、警部も加担していないという。

警部は11月上旬から休んでいたといい、退職により課長空席となった。

(出典:福井新聞)

まぁ元から警察官の信頼なんてないですが。

-福井県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

福井県警の警部、一般人と共謀し男性から100万円を脅し取る

福井県警警部ら2人が6月、建設会社役員の50歳代の男性から100万円を脅し取ったとされる事件で、警部の共犯として恐喝罪に問われた不動産会社役員・五十嵐豊被告(52)の初公判が27日、福井地裁であり、五 …