渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

秋田県警察

秋田県警の湯沢署の署員、横断歩道を渡っていた女子高生をはね、顎の骨を折る重症を負わせるも、本名非公表・逮捕されず

投稿日:

 26日午前11時55分頃、秋田県湯沢市田町の県道交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた女子高校生(18)が、秋田県警湯沢署の男性署員(38)が乗務する捜査車両にはねられ、顎の骨を折る重傷を負った。

同署の発表によると、署員は捜査を終えて一人で車両を運転し、署へ戻る途中だった。現場は信号機のある十字路交差点。署員は右折する際、「歩行者を見落として発進してしまった」と話しているという。

石井伸一副署長は「被害者の方に本当に申し訳ないことをした。今後はこのような事故がないよう、署員に対する指導を徹底する」とコメントした。

(出典:読売新聞)

いやー本当に警察官は特権階級ですね。

-秋田県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋田県警の巡査部長、児童買春を行った上に児童ポルノ製造で懲役2年6月

18歳未満の少女にみだらな行為をしたなどとして児童買春・ポルノ禁止法違反(買春、製造)の罪に問われた元秋田県警巡査部長、清水川宏被告(50)=懲戒免職=に秋田地裁は11日、懲役2年6月、執行猶予4年( …

秋田県警の県警本部の巡査、女性警官にわいせつなメールを送るも、秋田県警が立件せず、さらに隠蔽工作し公表せず

 秋田県中央部の警察署に勤務していた30歳代の男性巡査が昨年10月下旬~今年1月末、同署の同僚の女性警察官にわいせつなメールを繰り返し送るなどしたとして、戒告の懲戒処分を受けていたことが20日、分かっ …