警視庁の新宿署の巡査部長、横断歩道を青信号で渡っていた4歳の男児を轢き殺す、しかし本名非公表・逮捕されず

警視庁

 8月に東京・千代田区で当時4歳の男の子が緊急走行中のパトカーにはねられて死亡した事故で、パトカーを運転していた男性巡査部長が書類送検されました。

千代田区の新宿通りで8月、横断歩道を青信号で渡っていた当時4歳の男の子が新宿署地域課の男性巡査部長が運転する緊急走行中のパトカーにはねられ、約1カ月後に死亡しました。警視庁は今月26日朝、男性巡査部長を過失運転致死の疑いで書類送検しました。警視庁によりますと、緊急走行中のパトカーは交差点内で徐行することが決められていますが、男性巡査部長は交差点内でパトカーを加速させて時速40キロ以上ではねたということです。男性巡査部長は警視庁を通じて「本当に申し訳ない気持ちです」などとコメントを出しました。

(出典:テレビ朝日)

本当に警視庁はどうしようもないですね。

東京都千代田区で8月、緊急走行中のパトカーが横断歩道を横断中の男児をはねて死亡させた事故で、警視庁は26日、パトカーを運転していた新宿署地域課の男性巡査部長(51)を自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で書類送検した

 書類送検容疑は8月18日午前10時半ごろ、千代田区麴町6の国道20号の交差点を徐行せずに緊急走行し、青信号で横断歩道を歩いて渡っていた男児をはね、死亡させたとしている。

 巡査部長は「横断歩道上の人が止まってくれたから加速した。お子様の命を奪ってしまい申し訳ない」と容疑を認めているという。男児には気付かなかったという趣旨のことを話している。警視庁は起訴を求める「厳重処分」の意見書を付けた。

 現場は四ツ谷駅前の片側3車線の交差点。男児は事故で意識不明の重体になり、約1カ月後の9月13日に亡くなった。入院中に5歳になっていた。

 警視庁交通捜査課によると、パトカーは薬物事件の捜査で尿鑑定をするため、新宿区の新宿署から千代田区の警視庁本部へ向かっていた。道路交通法や同庁の規則で、緊急走行中は交差点を徐行する必要があるが、パトカーは時速40~50キロで男児と衝突したとみられる。赤色灯を付け、サイレンは鳴らしていた。男児は中央分離帯で一度立ち止まった後、事故直前に小走りで横断歩道を渡り始めたという。

(出典:毎日新聞)

なぜ警視庁はお得意の現行犯逮捕をしないのでしょうか。過失は間違いなく警視庁側にあるはずなのにどうしてでしょうか。

やはり首都警察、不祥事の質も事後処理の悪さも警視庁がトップです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました