福岡県警の白バイが自転車の60代の女性を轢くも、県警は白バイの修理代などおよそ40万円の賠償を求めて訴訟を起こす、なお県警はこの事件を公表せず

福岡県警察

 福岡県警の白バイと衝突してけがをしたとして、60代女性が県警に損害賠償訴訟を起こしたことを受け、同県は25日、「県警に過失はなかった」とし、白バイの修理費など約40万円の支払いを求めて反訴すると発表した。

県警によると、2017年5月、福岡市中央区で30代の男性警察官の白バイが対向してきた自転車の女性と正面衝突。女性は左の肋骨(ろっこつ)を折るなどのけがをし、白バイも一部損傷した。

県警の保険会社は当初、県警側に8割の過失があるとして、治療費の一部の約105万円を支払った。その後、保険会社が白バイ搭載のドライブレコーダー映像を基に、女性の自転車が車の陰から突然飛び出していたことを確認したという。

県は県警側の過失割合は「1~2割程度」とし、示談交渉したが決裂。女性は今年4月、治療費など約390万円を求め長崎地裁に提訴した。

(出典:西日本新聞)

普通だとあまり考えられない事件です。

おととし福岡市で、福岡県警の白バイと自転車が衝突し、けがをした自転車の60代の女性と福岡県警が、それぞれ相手の過失で事故が起きたと主張し、双方が裁判を起こして争うことになりました。

県警は当時、事故を公表していませんでした。

福岡県警察本部によりますと、おととし5月、福岡市中央区桜坂の路上で、自転車に乗った60代の女性が道路を横断しようとした際、正面から走ってきた30代の巡査長が運転する白バイと衝突しました。

白バイはパトロール中で、女性は、左胸の骨を折るけがを負い、示談が成立しなかったことなどからことし4月、福岡県警に対して治療費など390万円の賠償を求める訴えを裁判所に起こしました。

一方、福岡県警は、ドライブレコーダーの映像などから、過失があったのは急に道路に飛び出してきた女性のほうだとして、白バイの修理代などおよそ40万円の賠償を求めて訴えを起こす方針で、議案を来月の県議会に提出することにしています。

それぞれ相手の過失で事故が起きたと主張し、双方が別々に裁判を起こして争うことになりました。

県警側の提訴の対応は異例だということです。

一方、この事故について、当時、福岡県警は公表していませんでした。

非公表とした理由について「重大事故ではなく公表事案と判断しなかった」としています。

(出典:NHK)

やはり福岡県警はやることが違いますね・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました