渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

福岡県警察

福岡県警の白バイが自転車の60代の女性を轢くも、県警は白バイの修理代などおよそ40万円の賠償を求めて訴訟を起こす、なお県警はこの事件を公表せず

投稿日:

 福岡県警の白バイと衝突してけがをしたとして、60代女性が県警に損害賠償訴訟を起こしたことを受け、同県は25日、「県警に過失はなかった」とし、白バイの修理費など約40万円の支払いを求めて反訴すると発表した。

県警によると、2017年5月、福岡市中央区で30代の男性警察官の白バイが対向してきた自転車の女性と正面衝突。女性は左の肋骨(ろっこつ)を折るなどのけがをし、白バイも一部損傷した。

県警の保険会社は当初、県警側に8割の過失があるとして、治療費の一部の約105万円を支払った。その後、保険会社が白バイ搭載のドライブレコーダー映像を基に、女性の自転車が車の陰から突然飛び出していたことを確認したという。

県は県警側の過失割合は「1~2割程度」とし、示談交渉したが決裂。女性は今年4月、治療費など約390万円を求め長崎地裁に提訴した。

(出典:西日本新聞)

普通だとあまり考えられない事件です。

おととし福岡市で、福岡県警の白バイと自転車が衝突し、けがをした自転車の60代の女性と福岡県警が、それぞれ相手の過失で事故が起きたと主張し、双方が裁判を起こして争うことになりました。

県警は当時、事故を公表していませんでした。

福岡県警察本部によりますと、おととし5月、福岡市中央区桜坂の路上で、自転車に乗った60代の女性が道路を横断しようとした際、正面から走ってきた30代の巡査長が運転する白バイと衝突しました。

白バイはパトロール中で、女性は、左胸の骨を折るけがを負い、示談が成立しなかったことなどからことし4月、福岡県警に対して治療費など390万円の賠償を求める訴えを裁判所に起こしました。

一方、福岡県警は、ドライブレコーダーの映像などから、過失があったのは急に道路に飛び出してきた女性のほうだとして、白バイの修理代などおよそ40万円の賠償を求めて訴えを起こす方針で、議案を来月の県議会に提出することにしています。

それぞれ相手の過失で事故が起きたと主張し、双方が別々に裁判を起こして争うことになりました。

県警側の提訴の対応は異例だということです。

一方、この事故について、当時、福岡県警は公表していませんでした。

非公表とした理由について「重大事故ではなく公表事案と判断しなかった」としています。

(出典:NHK)

やはり福岡県警はやることが違いますね・・・。

-福岡県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

福岡県警の東警察署の警部補、強制捜査をしない見返りに暴力団から現金を受け取り逮捕される

福岡県警は25日、暴力団に近い人物から恐喝事件に関する相談を受け、強制捜査にならないよう担当の警察官に働き掛けた見返りに、現金を受け取ったとして、収賄容疑で県警東署刑事2課の警部補中村俊夫容疑者(49 …

福岡県警の筑後署の警部補、飲酒運転でバイクで通勤するも在宅捜査のみで、逮捕されず・本名公表なし

先月、筑後警察署の50代の警察官が、酒気帯びの状態でバイクで通勤した疑いがあることがわかりました。 前日の夜に飲んだ酒が残っていたとみられ、警察は道路交通法違反の疑いで捜査しています。 福岡県警察本部 …

福岡県警の東署の巡査部長、女子トイレに侵入するも不起訴処分に、検察と警察の癒着は深刻に

コンビニエンスストアの女子トイレに侵入したとして、福岡県警の47歳の巡査部長が逮捕されました。 建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、福岡県警東警察署生活安全課の巡査部長・厚地貴史容疑者です。 厚地容疑者 …

福岡県警の公安課の巡査長、警察官が現金を奪うなどの窃盗を行うも、不起訴・本名公表せず

9月、職場で同僚4人の机の引き出しから現金を盗んだ疑いで書類送検された福岡県警の元巡査長が、不起訴処分となりました。 不起訴処分となったのは、福岡県警公安第3課の元巡査長の男性(31)です。 男性は2 …