渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

沖縄県警察

沖縄県警の宜野湾署の署員、脱法ハーブ・ナイフ・実弾・拳銃を放置したものの、誰がやったかわからない模様

投稿日:

 今年3月に沖縄県警宜野湾署内で押収物数十点が長年放置された状態で見つかった問題で、米軍基地跡地とみられる草むらから署が回収した拳銃1丁が押収物に含まれていたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。拳銃は原形をとどめないほどにさびており、すでに廃棄しているという。

捜査関係者によると拳銃は数年前に一般人が発見し、駆け付けた警察官が回収。本来であれば廃棄するところ、当時の署員が放置したとみられる。

見つかった放置物件は約40点で、捜査の過程で押収した脱法ハーブ(現・危険ドラッグ)やナイフ、実弾などがあった。署内の倉庫に無造作に放置されているのを備品整理をしていた署員が発見した。

(出典:沖縄タイムス)

全部危険物ですね・・・。

-沖縄県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

沖縄県警の糸満署の巡査長、女子高生と淫行(性交)を行ったとして逮捕される

 沖縄県警は26日、女子高校生(16)にみだらな行為をしたとして県青少年保護育成条例違反の疑いで、糸満署警備課の巡査長、下地力人容疑者(26)を逮捕したと発表した。 県警によると、女子高校生とはインタ …

沖縄県警の嘉手納署の巡査長、17歳の女子高生を深夜に呼びつけ、酔わせた上に強姦して逮捕される

沖縄県警は27日、女子高校生(17)にみだらな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反の疑いで、嘉手納署警備課の巡査長 山城将吾容疑者(25)を逮捕した。 逮捕容疑は23日午後11時~24日午前3時 …

沖縄県警の那覇署が違法捜査、視覚障害者の70代男性に法的根拠もなく顔写真を撮影する

 那覇署地域課の警察官2人が、那覇市安里の歩道を歩いていた視覚障がい者の70代男性への職務質問中、携帯端末で顔写真を撮影したことが27日までに分かった。職務質問での顔写真撮影は法的根拠がない。男性は国 …