渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

備忘録

沢尻エリカ氏の逮捕直前映像はなぜTBSだけ入手できたのか、なぜ情報漏洩した警官は処罰されないのか。

投稿日:

16日夜放送のTBS番組「新・情報7daysニュースキャスター」は、逮捕前日の15日夜、いったん目黒区の自宅に帰った沢尻エリカ容疑者が白いファーをあしらったジャケットと細身のパンツに着替え、再びタクシーに乗って出掛ける姿を放送した。

同番組は、捜査関係者が15日夜、容疑者が東京都渋谷区内のクラブのイベントに参加するとの情報を事前に入手。警察はその場で薬物のやりとりが行われた可能性があるとみて16日朝に自宅に踏み込んだと報じた。また、約1カ月前から捜査を始めていたとも報じた。

(出典:日刊スポーツ)

特定の人物の逮捕に関する情報が、捜査機関以外に漏れていることはあってはならないことですが、なぜかTBSの記者だけは逮捕直前の沢尻エリカ氏をカメラに捉えていました。

もちろん、これは警視庁の薬物犯罪を担当する組対5課が意図的に流出させたものです。この組対5課が清原氏やASKA氏と同じようにTBSに流したのでしょう。

 情報をリークしたのはもちろん、沢尻を逮捕した警視庁の組対5課だ。逮捕の瞬間を大々的に報道して、見せしめのショーにするために、映像を撮らせようと、事前に情報を流したのである。「今回、沢尻を逮捕した組織犯罪対策部5課は、ASKA、そして清原和博を逮捕した部署。組対5課はとにかく逮捕をマスコミにアピールしたがることで有名。清原のときも、ASKAのときも同じように逮捕を事前リークして、その瞬間を実況中継させた」(警察関係者)

(出典:ビッグローブ)

清原氏が逮捕されたときも、逮捕直前の清原氏を写したビデオがテレビで連日流されており、そのときも最初にTBSがその映像を入手していました。

おそらく警察24時などで警察の宣伝活動に貢献したTBSに対して、ある意味ご褒美的に、警視庁がTBSに逮捕情報をリークさせたのでしょう。

しかし、日本は法治国家であるべきです。逮捕情報が第三者の手に渡ることなど、あってはならないことです。組対5課の早急な処分を望みます。

-備忘録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最高裁でGPSを使用した捜査は違法と認定される

裁判所の令状を取らず捜査対象者の車両に全地球測位システム(GPS)端末を取り付ける捜査について、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は15日、窃盗事件の上告審判決で、違法とする初判断を示した。「プライ …

飯塚幸三が上級国民なのではなく、我々が下級国民なのだ、日本はそういう国なのだ

2019年4月19日の事故で胸の骨を折るなどして入院していた飯塚元院長は5月18日、退院して警視庁目白署に出頭し、任意で事情聴取を受けた。両手に杖を持ってマスクにサングラス姿で署に出入りする際の様子は …

沢尻エリカ氏の取調室での供述内容や、接見室での会話内容がテレビで報道される異常な世界

合成麻薬「MDMA」を所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区碑文谷=が、警視庁組織犯罪対策5課の調べに対し、「10年以上前から違法薬物を使っていた。( …

元TBS記者の強姦容疑での逮捕状が直前で執行停止したのは、総理大臣に近い上級国民だからではないかという疑惑

今回の裁判での審理や訴状などで明らかになっている事件の経緯は、以下の通りだ。 ・2015年4月3~4日 当時TBSの政治部記者でワシントン支局長だった山口氏は一時帰国中に伊藤さんと東京都内で会食。同日 …

長男を殺害して実刑判決の元農水次官が保釈される、理由は上級国民だからか?

長男を殺害した罪で懲役6年の判決を言い渡された農林水産省の元事務次官、熊澤英昭被告(76)について、東京高等裁判所が20日、保釈を認める決定をし、被告は保釈金500万円を納めて保釈されました。殺人罪で …