渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

奈良県警察

奈良県警の吉野署の巡査長、勤務時間中に2ちゃんねるで誹謗中傷を行うも戒告のみ

投稿日:2019年8月31日 更新日:

 勤務時間中に知人を中傷する言葉などをインターネット上の掲示板に書き込んでいたとして、奈良県警が、吉野署の男性巡査長(48)を戒告の懲戒処分にしていたことが31日、県警への取材で分かった。

県警によると、処分は7月20日付。巡査長は2009年11~12月、勤務時間に携帯電話からネット掲示板「2ちゃんねる」に書き込みをしていた。巡査長は事実関係を認めているという。

県警関係者によると、巡査長は、趣味の空手を通じて京都府の40代女性と知り合ったがトラブルになり、女性が運営する武術団体について「インチキ」などと書き込んだとしている。

(出典:日刊スポーツ)

警察官以外の他の公務員であれば戒告だけじゃ済みません。

-奈良県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

奈良県警が取り調べ中に被疑者を暴行して殺害したとして刑事告発へ

 平成22年2月、奈良県警に業務上過失致死容疑で逮捕され、県警桜井署で勾留中だった男性医師=当時(54)=が死亡したのは、取り調べ時に警察官から暴行を受けたことが原因だったとして、遺体の鑑定書を調べた …

奈良県警の参事官の警視が電車内で20代の女性を痴漢するも逮捕されず・本名公表なし・辞職せず・不起訴処分

 奈良県警は20日、通勤途中の電車内で女性の下半身を触ったとして、県迷惑防止条例違反の疑いで、県警生活安全部参事官の警視(57)を書類送検した。 捜査関係者によると、警視は容疑を否認。目撃者がおらず、 …