渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

神奈川県警察

神奈川県警の警部補が建造物侵入で現行犯逮捕される

投稿日:

 26日午前2時ごろ、横浜市旭区鶴ケ峰2の雑居ビルの階段に男が侵入しているのをビルの男性オーナーが見つけて、取り押さえた。男は神奈川県警暴力団対策課の小笠原利晴警部補(40)で、通報で駆けつけた県警旭署員が建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。「無断で立ち入ったことは間違いない」と話しているという。

県警監察官室によると、小笠原容疑者は25日の退勤後、同僚と飲酒して旭区内の自宅に帰宅し、食事をするために再び外出した。その際にビルの前を通りかかった。

施錠された門扉を越えて侵入しており「路上にうずくまっていた女性が男性に連れられてビルに入っていくのを見て心配になり、ついて行った」などと供述。県警が確認したところ、小笠原容疑者が見た女性はビルのオーナーの知人だった。

監察官室は「被害者、県民の皆様に深くおわびし、厳正に対処したい」としている。

(出典:毎日新聞)

神奈川県警の警察官が建造物侵入の罪で逮捕されたというニュース。建造物侵入で警察組織が実名報道するでしょうか。

色々整理されていないので、今後の報道を注視します。

-神奈川県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神奈川県警、警官の覚醒剤使用事件を組織的に隠蔽する

少し前の話になりますが、神奈川県警では警察官が覚せい剤を使用した事件を組織的に隠蔽したことがあります。結局、3年後にバレてしまい、警察官9人が立件され、県警本部長を含めた5人が有罪判決を受けました。 …

神奈川県警の巡査が特殊詐欺の「受け子」になり現金50万円を奪う

神奈川県警察本部の24歳の巡査の男が、うその電話を受けた80代の男性からキャッシュカードを盗んだとして逮捕されました。このカードで現金を引き出したとみられ、警察は特殊詐欺で金品を受け取る「受け子」とみ …

神奈川県警、取調室で男性を殺害、警察官に処分なし

  4日夜、相模原市の飲食店で客の女性を殴ったとして暴行の疑いで逮捕された男が、警察署の取調室で突然意識を失い、5日午前、搬送先の病院で死亡しました。 男は警察官2人に机に押さえつけられてい …

神奈川県警、捜査資料64枚を紛失、第三者のクレジットカード情報が流出

 神奈川県警サイバー犯罪捜査課は21日、同課の50歳代の男性巡査部長が捜査資料のコピー64枚を紛失したと発表した。 今年5月に摘発した詐欺事件の容疑者の男の供述調書や、男のパソコンに入っていた第三者の …

神奈川県警、ブラジル人の男性を殺害、また窒息死

 県警は9日、海老名市の交番で警察官に体を取り押さえられた後に死亡した公務執行妨害の男性容疑者=当時(39)=について、司法解剖の結果、死因が窒息とみられると発表した。県警は、男性の死亡との因果関係を …