北海道警察の警察本部の巡査長が盗撮4回と下着窃盗2回で逮捕される

北海道警察

 札幌市内の商業施設で10代の女性のスカートにカメラを入れ下着を撮影したり、女性の家に侵入し下着を盗んだりしたなどとして、北海道警察本部の27歳の男性巡査長が懲戒免職処分となりました。

懲戒免職処分となったのは、道警本部自動車警ら隊の27歳の男性巡査長です。

巡査長は2019年7月16日、札幌ステラプレイスで10代の女性のスカートにカメラを入れ、下着を撮影した疑いで逮捕されていました。

巡査長はこの女性を含む4人に同様の行為をしていたこともわかり、自宅を捜索したところ、さらに女性の下着2点が見つかりました。

調べを進めた結果、巡査長は2017年3月に胆振管内の共同住宅に侵入し、女性の下着を盗んでいました。

道警監察官室の尾辻英一室長は「改めて被害者、道民の皆様に深くお詫び申し上げます。職員の指導・監督をさらに徹底し再発防止に努めてまいります」とコメントしています。

(出典:UHB)

北海道警察は先日、飲酒運転で警察官を本名公表の上、逮捕したばかりですが、今回の事件はさらに悪質で、盗撮を4回行った上に下着窃盗を2回行っています。

一般ですと実名報道されるような事件ですが、北海道警察は身内に甘いのか実名は公表しませんでした。

しかも飲酒運転が実名報道されて、窃盗と盗撮が匿名報道なのもよくわかりません。

追記:10月30日付の北海道新聞の記事です。

 女性のスカートの中を盗撮したなどとして、道警は30日までに、道迷惑防止条例違反(盗撮)や窃盗などの疑いで、道警自動車警ら隊の巡査長佐野良介容疑者(28)=同条例違反(卑わいな行為)容疑で逮捕、送検済み=を追送検した。道警は同日、佐野容疑者を懲戒免職とした。

送検容疑は7月16日、札幌市内の大型商業施設などの店内で、客の10代の少女3人のスカート内を撮影した疑い。また2017年3月に胆振管内の女性宅に侵入し、下着を盗んだ疑い。

(出典:北海道新聞)

コメント

タイトルとURLをコピーしました