渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

京都府警察

京都府警が令状がない状態で女性の自宅に侵入する違法捜査を行う、しかし謝罪や処分なし

投稿日:2019年10月30日 更新日:

京都市の30代の女性が覚醒剤を使用した罪に問われた裁判で、京都地方裁判所は、「令状がない状態で警察官が女性の自宅に入り込んだ行為は違法だ」と指摘し、覚醒剤の陽性反応が出た鑑定結果は証拠として認められないとして女性に無罪を言い渡しました。

京都市内の30代の女性は、去年5月、京都府内などで覚醒剤を使用したとして、覚醒剤取締法違反の罪に問われ、検察は懲役3年を求刑しました。
29日の判決で、京都地方裁判所の入子光臣裁判官は「女性の覚醒剤使用を疑った警察官が、令状がない状態で、女性が拒んでいるにもかかわらず自宅に入り込み、玄関のドアを閉められないように手で押さえた行為は違法であるといわざるをえない」と指摘しました。
そのうえで、こうした違法な捜査に基づいて後日、行われた尿の鑑定で覚醒剤の陽性反応が出たことについて、「令状主義の精神を無視するような重大な違法があり、証拠として認めることはできない」などと述べ、無罪を言い渡しました。

無罪判決について、京都地方検察庁の北佳子次席検事は「判決内容を精査して、適切に対応したい」とコメントしています。

(出典:NHK)

さすが児童ポルノ、収賄、強制わいせつ、盗撮、窃盗を行う警察はやることが違います。京都府警も腐っても警察ですので家宅捜索をするためには裁判所からの令状が必要なことぐらい理解していると思いますが、それを無視して住居侵入を行っています。

罪に問うべきば30代の女性ではなく、住居侵入を行った京都府警だと思いますが、京都府警からはこの判決に対して何もコメントがありません。

こんなことを黙認しているから京都府警から不祥事が続出するんですよ。

-京都府警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

京都府警の警察学校の巡査、大麻を所持していたとして現行犯逮捕される

 大阪府守口市内の実家に大麻を所持していたとして、京都府警は5日、大麻取締法違反容疑で京都府警巡査、梅北亘容疑者(23)=京都市伏見区=を現行犯逮捕したと発表した。「自分が吸うために所持していた」と容 …

京都府警の交通警察隊の巡査部長、釣り専門誌に無断で執筆を行い地方公務員法違反

 釣り専門誌に原稿を執筆し報酬を受け取ったなどとして、京都府警が高速道路交通警察隊の男性巡査部長(40)を本部長訓戒にしていたことが25日、府警監察官室への取材で分かった。処分は9日付で、巡査部長は同 …

京都府警の県警本部の警部、勤務時間中にパトカーを使用して7人の女性とラブホテルへ行く

 公務中に警察車両で複数の女性とホテルに行き、不適切な交際をしたとして、滋賀県警監察官室は26日、県警本部に勤務する男性警部(50)を、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。警部は26日までに …

京都府警の南署の巡査、バイクでパトロール中に20代の男性に追突し全治90日の怪我を負わせるも申告せず、逮捕されず・本名公表なし

 京都府警の男性巡査がバイクでパトロール中、事故を起こして歩行者にけがをさせたにもかかわらず、申告をしなかったとして書類送検されていたことが分かりました。 過失運転傷害などの疑いで書類送検されたのは京 …

京都府警の宮津署の巡査、女性二人に付きまといストーカー行為を行うも注意のみ、逮捕せず・本名公表なし

 女性につきまとい行為をしたとして、京都府警が宮津署の20代男性巡査を所属長注意の処分にしていたことが分かった。処分は12日付。 府警監察官室によると、4月下旬と8月上旬の夜、京都市内の路上で女性2人 …