渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

神奈川県警察

神奈川県警の巡査部長、捜査資料64枚を紛失、第三者のクレジットカード情報が流出

投稿日:2019年10月24日 更新日:

 神奈川県警サイバー犯罪捜査課は21日、同課の50歳代の男性巡査部長が捜査資料のコピー64枚を紛失したと発表した。

今年5月に摘発した詐欺事件の容疑者の男の供述調書や、男のパソコンに入っていた第三者のクレジットカードの情報などが含まれていた。盗難車両のトランクで発見されたといい、同課は悪用された痕跡はないとしている。

発表によると、巡査部長は今年5月30日夜、横浜市中区の居酒屋で約5時間にわたって同僚ら4人と飲食し、翌日の朝、捜査資料が入ったとみられるリュックサックを紛失したことに気付いた。リュックサックは31日夕方、居酒屋から約700メートル離れた路上で通行人が発見したが、資料は見つからなかった。

警視庁が8月23日、東京都杉並区内で放置された盗難車両を見つけ、トランク内に資料があるのを発見した。クレジットカードの情報は容疑者が悪用するために保存していたとみられ、これも含め、資料には第三者の39人分の個人情報が含まれていた。県警は巡査部長の処分を検討している。

(出典:読売新聞)

神奈川県警はウィキペディアで専用のページが作られるほど不祥事の数が多いことで有名ですが、今回は個人情報関係の不祥事になります。とりあえず、まだ巡査部長の処分を検討しているようなので、甘々な処分が下されないか要注目です。

-神奈川県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神奈川県警の県警本部の巡査が特殊詐欺の「受け子」になり現金50万円を奪う

神奈川県警察本部の24歳の巡査の男が、うその電話を受けた80代の男性からキャッシュカードを盗んだとして逮捕されました。このカードで現金を引き出したとみられ、警察は特殊詐欺で金品を受け取る「受け子」とみ …

神奈川県警の海老名署の警官、ブラジル人の男性の胸部を押さえつけて殺害するも、本名公表されず・逮捕なし

 神奈川県警海老名署さがみ野駅前交番(海老名市東柏ケ谷2丁目)で4月、交番内で暴れたブラジル国籍の男性=当時(39)=が複数の警察官に取り押さえられた後、窒息死した事件で、県警は10日、業務上過失致死 …

神奈川県警の警部補、「バイクの音がうるさい」と男性に暴行するも逮捕されず・本名公表なし

酒に酔った神奈川県警の男性警部補が横浜市の路上でバイクで信号待ちをしていた男性の顔を殴ったとして、警察が暴行事件として捜査していることが分かりました。 今年9月、横浜市港南区の路上で、バイクで信号待ち …

神奈川県警、警官の覚醒剤使用事件を組織的に隠蔽する

少し前の話になりますが、神奈川県警では警察官が覚せい剤を使用した事件を組織的に隠蔽したことがあります。結局、3年後にバレてしまい、警察官9人が立件され、県警本部長を含めた5人が有罪判決を受けました。 …

神奈川県警の相模原署の巡査長、多目的トイレで女子中学生を児童買春したとして逮捕される

 神奈川県警は6日、相模原署生活安全課巡査長、西山健一容疑者(32)(神奈川県伊勢原市桜台)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した。 発表によると、西山容疑者は2月28日、横浜市西 …