渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

鹿児島県警察

鹿児島県警、5人の警官が男性を殺害するも逮捕・本名公表なし、「警察24時」で特集取材していたTBSはその事実を忖度し放送せず、TBSは死に続ける

投稿日:

事件が起こったのは2013年11月24日未明。鹿児島市の繁華街・天文館で酔っ払っていた会社員男性(当時42歳)が運転代行の運転手とけんかになっていると通報があり、近くの地蔵角交番から警察官十数人が駆け付ける。

男性は路上で4、5人の警官にうつ伏せに押さえ込まれ、まもなく死亡。死因は胸腹部圧迫による低酸素脳症と認定された。

(中略)

我が子の突然の死の知らせを受けた両親(千葉県船橋市在住)は特別公務員暴行陵虐致死罪で告訴する。捜査は時間がかかった。1年後の14年12月、鹿児島県警は37歳の男性巡査長と34歳の男性巡査を業務上過失致死の疑いで書類送検する。

制圧行為は正当な職務行為だったが、男性の容体変化を確認しないなど業務上の過失があったという判断だった。告訴状では「警察官が首を締めるなど暴行」があったとしていたが、県警は目撃情報や「防犯カメラの映像から」そうした暴行はなかったと結論付けたと、『南日本新聞』(14年12月20日付)は報じた。

しかし、映像は「防犯カメラ」ではなく、テレビ局が撮影したものだったことが、その後わかる。送検を受けた鹿児島地検の桑田裕将検事(当時)が起訴する前に男性の両親を地検に呼び、検察側の判断を説明する際に明かしたのだった。「いわゆる警察24時の取材で某テレビ局が撮影した」として、両親と代理人の弁護士2人にその映像を「内々で」見せたのだ。

(出典:週間金曜日)

TBSは以前にもマスメディアとして恥ずべきことを行っております。特に1990年代のオウム事件で、弁護士の坂本堤氏がオウム真理教を批判するインタビュー映像を放送前にオウム真理教幹部に見せたたことで、坂本堤弁護士一家殺害事件の発端となり、キャスターから「TBSは死んだ」と断言されたことで有名です。

この事件も同じように、「警察24時」などの映像コンテンツを供給したり、捜査情報をリークしてくれる警察への忖度で映像を提出したのだと考えられます。

TBSはもはや報道機関を名乗るべきではないでしょう。

その後に裁判になり、警察と遺族との間で和解が成立したという報道があります。

 鹿児島市で2013年11月、鹿児島県警の警察官に制圧された後に死亡した会社員男性(当時42歳)の父親(81)らが県に計約9160万円の損害賠償を求めていた訴訟は11日、父親らと県が鹿児島地裁の和解勧告を受け入れて和解した。市内で記者会見した父親は「制圧された息子を撮影した映像が訴訟で証拠採用されなかったのは残念だ」と述べ、いまだ釈然としない思いもにじませた。

(出典:毎日新聞)

しかし、警察が男性を殺害したことも非難されるべき内容ですが、同じぐらい問題なのはTBSの姿勢です。TBSの警察24時ではこのような番組欄が掲載されております。

全国の警察官の24時間に密着!

事件事故、犯罪の実態とは?

正義感あふれる警察官の活躍をリポート。

犯罪は今の時代を映し出す… 日本全国で日々発生する様々な事案を激撮!リアルな警察活動の最前線に完全密着する!

執拗に若い女性につきまとうストーカー、若者の身近に迫る覚せい剤、大麻、麻薬などの薬物汚染の恐怖、軽い気持ちが悲惨な事故を起こす飲酒運転などの悪質な交通犯罪…

時代と共に治安が不安になり、身近に犯罪や事故が発生する今日。人々が犯罪や事故に巻き込まれない安全な社会の形成と、治安維持が求められている。

そして一般市民はこれらの事案に対峙する警察官の活動に注目をしている。

この番組では、実際に全国で発生した事件事故、犯罪の現場に駆けつけて人々を守る、警察官の活躍をリポート。正義感あふれる全国の熱血警察官の活動を紹介する。

「事件事故の生の現場」「検挙、逮捕の瞬間」。それらの知られざる実態に迫る。

(出典:TBSテレビ)

報道機関はいつから警察の奴隷になったのかと考えざる追えないほど警察ヨイショの番組欄です。権力を批判することを忘れたマスメディアに存在価値などありません。

-鹿児島県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした