渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

埼玉県警察

埼玉県警の警察官、不動産業者を名乗り部屋に侵入、強制わいせつで逮捕へ

投稿日:

 さいたま市の20代女性宅に侵入し、わいせつな行為をした疑いで10日に逮捕された埼玉県警鉄道警察隊の巡査当野弘児容疑者(32)が「警察のデータベースで女性の住所を調べた」と供述していることが11日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、女性宅を管轄する署のデータベースに当野容疑者の閲覧記録が残っていたが、本来閲覧する権限はなく、県警は不正にアクセスした可能性があるとみて調べる。

当野容疑者は8月26日夕、同市南区のマンションにある女性の部屋に不動産業者を装って入り、体を触ったとして、強制わいせつと住居侵入の疑いで逮捕された。

(出典:西日本新聞)

警察のデータベースを使用して、強制わいせつを行ったという悪質性の高い事件です。文章をよく読むと当野容疑者はデータベースに不正にアクセスしており、そちらの方では処罰されないのでしょうか。

-埼玉県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

埼玉県警の警察官、10代の少女を駐車場に連れ込み強制わいせつ

逮捕されたのは埼玉県警浦和東警察署の地域課巡査、田中和希容疑者(32)です。 田中容疑者は今年6月26日午後5時10分ごろ、さいたま市内の駐車場で10代の女性の体を触ったとして強制わいせつの疑いが持た …