長野県警の千曲署の巡査長、駐車場で女性にわいせつな行為をして怪我を負わせたとして逮捕される。

長野県警察

 長野市の駐車場で女性にわいせつな行為をしてけがを負わせたとして、長野南署は17日、強制わいせつ致傷の疑いで千曲署生活安全課の巡査長、河原裕介容疑者(34)=長野市若穂牛島=を逮捕した。県警監察課によると、容疑を認めている。県警の現職警官の逮捕は、千曲署戸倉・上山田交番の巡査部長を盗みの疑いで逮捕した2009年11月以来になる。

逮捕容疑は、7日午後9時50分すぎ、長野市篠ノ井の駐車場で、帰宅しようとしていた北信地方の20代の会社員女性が止めていた乗用車に運転席側から乗り込み、女性の口を押さえて胸をつかむなどして、胸に約2週間の打撲を負わせるなどした疑い。

同課によると、河原容疑者は女性と面識はなかった。女性がクラクションを鳴らして助けを求めたため、同容疑者は近くに止めていた自分の乗用車で逃走。女性の知人が、普段見慣れない不審な車として同容疑者の乗用車のナンバーを控えており、警察に伝えたため逮捕につながった。

河原容疑者は06年10月に県警に採用され、翌年3月に千曲署に配属。交番や留置場の勤務を経て、昨年3月から生活安全課で少年事件などの捜査に携わった。事件当日は非番だったが、事件捜査のため休日出勤して午前9時から午後8時ごろまで勤務し、その後に犯行に及んだという。

千曲署によると、同容疑者は16日まで勤務しており、変わった様子はなかったという。

県警の臼田勝信・首席監察官らは17日、現職警官の逮捕を受けて県庁で記者会見。「県民の安全安心を守る立場の警察官がこのような事件を起こし、誠に遺憾で、深くおわび申し上げる」と謝罪。「今後の捜査を待って厳正に処分し、再発防止に努めていく」と述べた。

河原容疑者が強制わいせつ致傷の罪で起訴された場合、裁判員裁判対象事件で、現職警官が裁判員裁判の被告となれば、県内では初めてとなる。群馬県ではことし3月、高崎市の路上で女子大生を押し倒してわいせつな行為をし軽傷を負わせたとして、群馬県警高崎署勤務の巡査が強制わいせつ致傷容疑で逮捕、同罪で起訴されている。

(出典:信濃毎日新聞)

下記は余罪です。

先月、長野市で、女性の体に触ったなどとして逮捕・起訴されている、千曲警察署の警察官が、長野市で、別の女性に対しても、体を触ったうえ、けがをさせていたとして、強制わいせつ傷害の疑いで再逮捕されました。
再逮捕されたのは、千曲警察署生活安全課の巡査長、河原裕介容疑者(34)です。
警察の調べによりますと、河原容疑者は、先月9日、長野市内の路上で、20歳代の女性の体に触ってけがをさせたとして、強制わいせつ傷害の疑いが持たれています。河原巡査長は、先月、別の女性に対しても、体を触ったうえ、けがをさせたとして、強制わいせつ傷害の罪で逮捕・起訴されました。捜査の中で、河原巡査長が今回の事件についても関わっていたことを認めたということです。
警察によりますと、河原巡査長は、ほかにも5件のわいせつ事件に関わったと、供述しているということで、警察では、さらに裏付け捜査を進めることにしています。
また警察は、10日、河原巡査長を懲戒免職の処分にしました。
県警察本部の飯濱誠警務部長は「被害者やその家族、それに県民に改めて深くおわびする。今後、さらに事実の解明を進め、再発防止に努めたい」と話しています。
また河原巡査長は、警察官に採用される前から、わいせつ行為などを繰り返していたと供述しているいうことで、警察では、今後、採用や指導のあり方に関しても見直しを検討することにしています。

(出典:NHK)

下記は判決です。

わいせつ目的で、女性の体に触ってケガをさせるなど、7つの事件で罪に問われた、元警察官の男に対して、長野地方裁判所は、「県民の安全を守るという職責に反し、信頼を裏切った点は厳しい非難に値する」として懲役7年を言い渡しました。
千曲警察署の巡査長だった河原裕介被告(35歳)は、平成18年からことしにかけ、長野市や千曲市で、女性の体に無理やり触ってケガをさせたり、女性が身につけている下着を奪ったりしたとして、あわせて7つの事件で、強制わいせつ傷害や強盗などの罪に問われました。
裁判の中で、検察官が懲役10年を求刑したのに対し、被告の弁護士は、「職場のストレスなどにより、情緒不安定になっていた」として刑を軽くするよう求めていました。
26日の判決で、長野地方裁判所の高木順子裁判長は「ストレスは、自分で解消すべきものであり、他人を犠牲にすることは許されない。現職警察官として県民の安全を守るという職責に反し、その信頼を裏切った点は厳しい非難に値する」と指摘しました。
その一方で、「被害者4人に損害賠償を支払ったほか、警察を懲戒免職になり、社会的な制裁を受けている」として、河原元巡査長に懲役7年を言い渡しました。

これについて、長野県警察本部の飯濱誠警務部長は「被害にあった方や県民に改めて心からおわびする。今後このようなことがないよう再発防止に努めたい」と話しています。

(出典:NHK)

コメント

タイトルとURLをコピーしました