栃木県警の栃木署の警部補、2回にわたって女性を強姦し、その様子を撮影したとして逮捕される

栃木県警察

 事件の関係者として取り調べた女性に性的な行為をしたとして、特別公務員暴行陵虐の罪に問われた元栃木県警栃木署警部補、上岡友洋被告(52)の初公判が26日、宇都宮地裁(井上泰人裁判長)で開かれた。上岡被告は「女性と会ったことは認めるが、性的行為をした事実はない」と述べ、無罪を主張した。

 起訴状などによると、上岡被告は県警足利署刑事1課係長だった昨年3月20日夜と同22日未明、同県足利市のスーパー駐車場で、刑事事件で任意の取り調べをしたことのある30代の女性に性的な行為をしたとされる。

上岡被告は昨年7月、懲戒免職処分になった。処分された際、上岡被告は「事件の相談を受けていた」と話していた。

(出典:産経新聞)

この警部補は女性をハメ撮りしていたようです。

 放火事件の関係者として事情を聴いた女性にわいせつ行為をしたとして、
特別公務員暴行陵虐罪に問われた元県警警部補上岡友洋被告(53)の控訴審判決で、
東京高裁は22日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役5年)とした一審判決を破棄、
懲役2年6月を言い渡した。一審で否定された性的な行為も認めた。被告側は上告する方針。

門野博裁判長は判決理由で「被害者の供述は客観的事実と整合し、性的行為があったと
強く推認できる」とした上で「被告の供述は不自然な点が多く、信用できない。
警察官としての自覚を欠く破廉恥で悪質な犯行。実刑は免れない」と述べた。

今年3月の一審宇都宮地裁判決は「被害者の行動は不自然で、供述も十分信用できない」として、
「性的な行為をした」とする起訴内容については無罪、女性の下半身を撮影した行為のみ有罪と認定。
検察側、被告側双方が控訴していた。

判決によると、被告は自宅が放火されたとする女性から事情を聴いていた昨年3月、
栃木県足利市のスーパー駐車場に止めた乗用車の中で、2回にわたって女性と性的行為をし、下半身を携帯電話のカメラで撮影した。

(出典:下野新聞)

どうやら最高裁までのぼったようです。

 最高裁第3小法廷(寺田逸郎裁判長)は、放火事件の関係者として事情を聴いた女性にわいせつ行為をしたとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた栃木県警の元警部補、上岡友洋被告(54)の上告を棄却する決定をした。懲役2年6月とした2審東京高裁判決が確定する。24日付。

1審宇都宮地裁は被害者供述の信用性を否定して、「性的行為をした」とする部分は無罪と判断。女性の下半身を撮影した行為のみを有罪とし、懲役1年、執行猶予3年の判決に対し、検察、被告側双方が控訴した。2審東京高裁は「被害者の供述は客観的事実と整合し、性的行為を強く推認できる。警察官としての自覚を欠く犯行だ」として実刑とした。

2審判決によると、被告は平成20年3月、栃木県足利市の駐車場に止めた乗用車の中で、自宅が放火されたとする女性から2回にわたって事情を聴いた際、性的行為をするなどした。

(出典:不明)

あまりにも酷い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました