大阪府警の枚方署の警部補、留置施設内で拘置されていた女性と性交して逮捕される

大阪府警察

大阪府警は29日、枚方署の留置施設内で拘置中だった女性(38)と性的関係を持ったとして、同署総務課警部補、高木康幸容疑者(49)=兵庫県尼崎市椎堂1=を特別公務員暴行陵虐容疑で逮捕した。府警によると、容疑を否認している。

逮捕容疑は2009年9月10日未明、同年3月に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、同署に拘置されていた無職女性と、枚方署の留置施設内で性的関係を持った疑い。

府警によると、高木容疑者は留置施設の看守で、この日は1人で夜勤をしていた。夜勤当番が管理する非常用の鍵で扉を開け、個室内に入ったとみられる。監視カメラはあるが、録画はされておらず、当番以外は見ていないという。

女性は今年7月、覚せい剤取締法違反容疑で再逮捕され、その際、女性警察官に「留置施設で(高木容疑者に)親切にしてもらい、翌日に拘置所に移送されるので、自分が誘った。ほかの看守の目を盗み、抱き合ったこともある」と話し、事件が発覚したという。

高木容疑者に対する捜査の過程で、直属の部下だった看守の男性巡査長(28)も、09年9月10日に釈放された別の女性(28)と留置中に連絡先を交換し、釈放後に交際していたことも判明した。

池田満監察室長は「警察官としてあってはならない言語道断の行為であり、痛恨の極み。今後事実関係を明らかにし、再発防止を徹底するとともに厳重に処分する」とコメントしている。

(出典:日経新聞)

大阪府警は本当に性犯罪ばかり起こしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました