警視庁の石神井署の巡査部長、17歳と18歳の少女を強姦するも、何故か少女たちを逮捕してしまう無能警視庁、巡査部長は逮捕されず

警視庁

警視庁石神井署の男性巡査部長(42)が今年6月、少女2人にわいせつな行為をしたとして、少女の付添人を務める弁護士が10月22日、児童買春禁止法違反容疑などで、東京地検に告発状を提出した。

弁護士によると、巡査部長は6月13日夜、埼玉県川口市の路上で、17歳と18歳の少女2人に、「1人3万円払うから付き合って」などと言って、援助交際を持ち掛けた。ラブホテルに入ると、17歳の少女にわいせつな行為をし、18歳の少女には警察手帳を示して脅迫した上で、わいせつな行為をしたとしている。

行為の後、巡査部長は寝入ってしまい、翌朝、客室内で目覚めたところ、警察手帳や所持金数万円などがなくなっていることに気づいたという。

巡査部長は7月5日、少女らに現金3万円を盗まれたとする被害届を石神井署に提出。警視庁は8月、警察手帳などを盗んだ窃盗容疑で少女らを逮捕。17歳の少女は処分保留で釈放されたが、18歳の少女は家裁送致された。

弁護士は少女らが、証拠にするために警察手帳を持ち出したとし、「被害者が逆に捜査を受けた。事件から4カ月経っても、巡査部長は何の処分もされていない」と主張した。

(出典:リアルライブ)

なんで警視庁は児童買春の被害者である少女たちを逮捕するのでしょうか。

女子高校生に金渡しわいせつ行為の疑い、警視庁警官を書類送検

児童買春の疑いで、警視庁の警察官を書類送検です。

女子高校生2人に金を渡したうえでわいせつな行為をしたとして、警視庁石神井警察署に勤務する世永毅巡査部長(42)が書類送検されました。

警視庁によりますと、世永巡査部長は今年6月、埼玉県川口市のコンビニエンスストアの前で高校3年の女子生徒2人に対して、「1人3万円を払うからホテルに行こう」などと言ってラブホテルに連れて行きわいせつな行為をした疑いが持たれています。

高校生は、世永巡査部長が実際には現金1万7千円しか支払わなかったことの腹いせに、警察手帳などを盗んだとして今年9月、逮捕されていました。

世永巡査部長は、20日付けで懲戒免職されています。

(出典:NHK)

別記事です。

警視庁石神井署の男性巡査部長(42)が女子高生=当時(17)=に現金を渡してわいせつ行為をしたとされる事件で、巡査部長が任意聴取に「気付いたら裸だった。自分がやったと思う」と
容疑を認める供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった。

警視庁は20日に児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で巡査部長を書類送検、懲戒免職処分とする。

巡査部長は6月13日夜、埼玉県川口市内のホテルで現金3万円を渡す約束で、女子高生の胸を触るなどした疑いがもたれている。

女子高生や一緒にいた少女(18)が「17歳なのに大丈夫か」などと話していたのに対し、巡査部長が「大丈夫」と説明したことも判明。

警視庁は巡査部長が女子高生を18歳未満と認識していたと断定した。

事件は巡査部長が翌14日、警察手帳の紛失に気付き発覚。

女子高生らが警察手帳を盗んだとして警視庁に窃盗容疑で逮捕され、少女の弁護士が10月、性行為を強要されたとして巡査部長を強姦(ごうかん)罪で告発していた。

(出典:産経新聞)

警察の一方的な主張だけを聞いて、少女たちの逮捕状を出す東京地裁も相当邪悪な存在ですが、身内の犯罪では絶対に逮捕しない警視庁も相当邪悪です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました