山口県警の男性巡査長、署内の女子更衣室にカメラに盗撮を行うも停職のみ、逮捕されず・本名公表なし

山口県警察

 警察署内の更衣室などで女性を盗撮したとして、山口県警は15日、県迷惑行為防止条例違反と建造物侵入の疑いで県内の警察署に勤務する20代の男性巡査長を書類送検し、同日付で停職3カ月の懲戒処分とした。

巡査長は「盗撮サイトを見て興味が湧いた」と容疑を認め、同日付で依願退職した。

送検容疑は1月中旬~4月上旬、署内の女子更衣室にスマートフォンを仕掛け、女性を盗撮するなどした疑い。

県警監察官室によると、巡査長は「2016年12月ごろから約60回盗撮した」と話しているという。

松田松蔭も泣いております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました