神奈川県警の暴力団対策課の警部補、住居侵入罪で逮捕されるも減給のみ・本名公表なし、神奈川県警は事件を隠蔽

神奈川県警察

 神奈川県警が住居侵入罪で有罪判決を受けた暴力団対策課の男性警部補(41)を、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしていたことが19日、県警への取材で分かった。処分は15日付だったが「基準に該当しない」として公表していなかった。

県警監察官室によると、本人から降格の申し出があり、警部補は18日付で2階級降格して巡査となった。元警部補は昨年10月26日、横浜市旭区のビルに侵入したとして建造物侵入容疑で現行犯逮捕。住居侵入罪で起訴され、今年4月、横浜地裁で罰金10万円の有罪判決を言い渡された。

非公表の理由を「警察庁の指針に基づいて判断した」と説明している。

(出典:時事通信)

やはり神奈川県警は警察官の犯罪行為には甘く処分する傾向があるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました