奈良県警の機動隊の巡査長、女子トイレを30回も盗撮するも逮捕されず・本名公表なし、上級国民となった警察官たち

奈良県警察

 奈良県警は23日、奈良市の県警本部第2庁舎の女子トイレなどで盗撮したとして、機動隊の男性巡査長(30)を県迷惑行為防止条例違反(盗撮)などの疑いで地検に書類送検し、懲戒免職処分にしたと発表した。監察課は「最初から容疑を認めており、逮捕の必要はないと判断し、任意で捜査した」「警察庁の指針に基づき、本人(巡査長)らのプライバシーを守るため名前公表は控える」としている。

 同課によると、巡査長は2018年6月~20年1月、県警第2庁舎のトイレなどでスマートフォンなどを使って4人の女性警察職員を盗撮するなどした疑い。スマートフォンに残っていた画像や供述から書類送検した容疑のほかに、民家で一般女性を撮影するなど約30件の盗撮を繰り返していたとみている。巡査長は容疑を認め、「仕事のストレスを解消したかった」などと供述しているという。

(出典:読売新聞)

「最初から容疑を認めており、逮捕の必要はないと判断し、任意で捜査した」「警察庁の指針に基づき、本人(巡査長)らのプライバシーを守るため名前公表は控える」やはり、奈良県警はどうしようもない組織です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました