渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

兵庫県警察

兵庫県警の県警高速隊の警部補、息子を暴行して逮捕されるも本名公表なし

投稿日:

県警高速隊に勤務する警部補の男が暴行の疑いで1月13日現行犯逮捕されました。掛川市の自宅で息子の胸ぐらをつかんだ疑いで警部補は容疑を認めているということです。
暴行の疑いで現行犯逮捕されたのは県警高速隊に勤務する45歳の警部補の男です。県警によりますと、警部補は13日午前10時すぎ、掛川市の自宅で中学生の10代の息子の胸ぐらをつかむ暴行を加えた疑いが持たれています。息子が妻との口論を止めに入ったために暴行に至ったとみられています。監察課によりますと警部補は「間違いない」と容疑を認めているということです。県警は日常的な暴力があったかなどについても調べる方針です。三原浩首席監察官は「警察職員がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾で県民の皆様に深くお詫び申し上げます」と話しています。

(出典:共同新聞)

本名を公表すると被害者の息子の名前を判明してしまうため、この処理は妥当だと感じます。ただ、息子さんに日常的な暴力がなかったかだけが心配ですね。

-兵庫県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

兵庫県警の佐用署の巡査長、軽トラックに当て逃げするも逮捕されず・本名公表なし

 佐用署の駐在所に勤務する20代の巡査長が7月中旬、兵庫県太子町内で当て逃げ事故を起こしていたことが31日、捜査関係者などへの取材で分かった。たつの署などが道交法違反の疑いで捜査している。 巡査長が勤 …

兵庫県警の甲子園署、一般車両に対して危険運転により殺人未遂を行うもそのまま逃走する、事件を隠蔽しようとした疑い

京都府の第二京阪道路で、兵庫県警の捜査車両が急に車線変更したことで、走行中の観光バスにぶつかりそうになり、警察が謝罪していたことがわかった。 13日午後、走行車線を走る観光バスのドライブレコーダーの映 …

兵庫県警の巡査部長、留置された女性に好意を持ち、警察の情報端末で電話番号を不正に入手するも、逮捕されず・本名公表なし

 警察署に留置された女性に好意を抱き、警察の情報端末で女性の携帯電話番号を照会、入手したとして、兵庫県警が県個人情報保護条例違反の疑いで、神戸市内の警察署交通課に勤務していた30代の男性巡査部長を書類 …

兵庫県警の警部補が警察官の妻をゴミや拳で殴るなどを行い逮捕される

 妻(38)の顔や頭を殴りけがをさせたとして、兵庫県警捜査1課は31日、傷害の疑いで県警交通規制課の警部補、中條淳容疑者(39)=同県三田市=を逮捕した。県警によると、「けがをさせたことに間違いない」 …

兵庫県警の鉄道警察隊の女性巡査長、拳銃置き忘れの上に風俗店に勤務で停職1ヶ月、依願退職へ

先月、兵庫県内の駅のトイレに拳銃を置き忘れた兵庫県警察本部の27歳の女性巡査長が、勤務時間外に風俗店で働いていたことがわかり、停職1か月の懲戒処分を受けました。巡査長は18日依願退職しました。 懲戒処 …