北海道警察の警察官3人が飲酒運転や万引き、しかし逮捕・公表されず

北海道警察

 北海道警の警察官3人が7月下旬から8月下旬にかけ、飲酒運転や万引で減給の懲戒処分を受けて自主退職していたことが、4日分かった。道警は処分を公表しておらず、道警監察官室は「いずれも勤務時間外の行為で、職務とは関係がないため公表対象ではない」と説明している。
監察官室の調べによると、50代の警部補が7月下旬、酒を飲んで車を運転した上、スピード違反をして8月1日に減給100分の10(6カ月)の処分を受けた。
30代の巡査長は8月上旬に飲酒運転をして同じ内容の処分を受けたほか、40代の巡査部長が同月下旬にスーパーで食料品などを万引して減給100分の10(3カ月)の処分になった。

(出典:共同通信)

北海道警察は不祥事の隠蔽や非公表が多い印象です。まぁ、不祥事を起こしても組織が隠蔽するから不祥事が絶えないのが北海道警察の特徴なのでしょうが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました