渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

鹿児島県警察

鹿児島県警の霧島署の巡査部長、女子中学生とホテルでみだらな行為(性交)をしたとして児童買春で逮捕される。

投稿日:

今月26日霧島警察署に所属する巡査部長が、児童買春の疑いで逮捕された事件を受け、大塚尚本部長は、28日の会見で謝罪し、県民の信頼回復に全力を尽くす方針を示しました。

霧島警察署の地域課に所属する巡査部長で姶良市東餅田の大久保雄祐容疑者(30)は、去年12月県内の女子中学生と宿泊施設でみだらな行為をしたとして、児童買春の疑いで26日逮捕されました。

これを受け鹿児島県警察本部の大塚尚本部長は、28日開かれた定例の会見で「被害者の方々、そして県民の皆さまに心からお詫び申し上げます」と述べました。

鹿児島県警では、おととし3人の警察職員が逮捕されたことを受けて研修を強化していたところでした。

大塚本部長は「職員およそ3000人が信頼回復に努める行動をしている中、意識を共有できていなかった職員がいたことを非常に残念に思う。現在捜査中なので、結果をよく分析し、再発防止はどうあるべきか考え、信頼回復に全力を尽くしたい」と述べました。

(出典:NHK)

まぁでも、鹿児島県警は実名を公表するあたり茨城県警よりも少しマシですね。どちらもどうしようもない組織であることに代わりはありませんが。

-鹿児島県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鹿児島県警の西署の警部補、飲酒運転のち事故を起こして逮捕される、仕事で小中学校に交通安全指導を行なっていた模様

 酒を飲んで軽乗用車を運転したとして、鹿児島県警は26日、道交法違反の疑い(酒気帯び運転)で、鹿児島市城西、鹿児島西署交通課課長代理の警部補、山下浩二容疑者(48)を現行犯逮捕した。 県警によると、山 …

鹿児島県警、5人の警官が男性を殺害するも逮捕・本名公表なし、「警察24時」で特集取材していたTBSはその事実を忖度し放送せず

事件が起こったのは2013年11月24日未明。鹿児島市の繁華街・天文館で酔っ払っていた会社員男性(当時42歳)が運転代行の運転手とけんかになっていると通報があり、近くの地蔵角交番から警察官十数人が駆け …

鹿児島県の西署の巡査長、被害相談に訪れた女性と性的な関係を強要し処分されるも、逮捕・本名公表なし

 被害相談に訪れた女性と不適切な関係を持ったなどとして、県警は20日、県警本部警務課付の巡査長(54)=同日付で依願退職=を停職6カ月の懲戒処分としたと発表した。当時の上司3人にも本部長注意などの処分 …