鹿児島県警の霧島署の巡査部長、女子中学生とホテルでみだらな行為(性交)をしたとして児童買春で逮捕される。

鹿児島県警察

今月26日霧島警察署に所属する巡査部長が、児童買春の疑いで逮捕された事件を受け、大塚尚本部長は、28日の会見で謝罪し、県民の信頼回復に全力を尽くす方針を示しました。

霧島警察署の地域課に所属する巡査部長で姶良市東餅田の大久保雄祐容疑者(30)は、去年12月県内の女子中学生と宿泊施設でみだらな行為をしたとして、児童買春の疑いで26日逮捕されました。

これを受け鹿児島県警察本部の大塚尚本部長は、28日開かれた定例の会見で「被害者の方々、そして県民の皆さまに心からお詫び申し上げます」と述べました。

鹿児島県警では、おととし3人の警察職員が逮捕されたことを受けて研修を強化していたところでした。

大塚本部長は「職員およそ3000人が信頼回復に努める行動をしている中、意識を共有できていなかった職員がいたことを非常に残念に思う。現在捜査中なので、結果をよく分析し、再発防止はどうあるべきか考え、信頼回復に全力を尽くしたい」と述べました。

(出典:NHK)

まぁでも、鹿児島県警は実名を公表するあたり茨城県警よりも少しマシですね。どちらもどうしようもない組織であることに代わりはありませんが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました