渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

神奈川県警察

神奈川県警の藤沢北署の巡査長、交通違反を犯した18歳の女性に覚せい剤を使用して取調室で強姦する。3年間で10回以上。

投稿日:

記事が細かいのでこちらに記載させていただきますが、神奈川県警の藤沢北署の巡査長が1990年に交通違反を犯した女性に対して覚醒剤を使用して、取調室で強姦したというものです。女性を覚醒剤のネタで脅し、逮捕をすると脅迫することで取調室に呼んでは強姦を行っていたのだそうです。その回数は3年間に10回以上といわれています。

その後損害賠償請求を提訴されましたが、その後原告側がこの賠償請求を取り下げています。おそらく、神奈川県警から女性へ圧力があったのでしょう。

神奈川県警は法に守られたヤクザ組織なのでしょうか。

神奈川県警の不祥事を調べて見るとやはり、神奈川県警の警察官はネジが50本ぐらい外れた人間の集まりであることは間違いありません。

-神奈川県警察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神奈川県警、警官の覚醒剤使用事件を組織的に隠蔽する

少し前の話になりますが、神奈川県警では警察官が覚せい剤を使用した事件を組織的に隠蔽したことがあります。結局、3年後にバレてしまい、警察官9人が立件され、県警本部長を含めた5人が有罪判決を受けました。 …

神奈川県警の大和署の男性警察官4人が20代女性警察官に「キスを強要」「ブラウスを強制的に脱がす」「服を交換される」などのわいせつな行為を行う

警察不信につながる不祥事が神奈川県警で明らかになった。男性警察官4人が、女性警察官に集団セクハラ。 2012年3月、神奈川県警大和署の男性警察官4人が、同僚の女性警察官に対して、服を脱ぐよう強要したり …

神奈川県警の音楽隊の男性警部補、同じ音楽隊の女性隊員を殺害するも、被疑者の警部が首をつって自殺する。

2000年12月4日、女性の悲鳴が横浜市旭区のマンションに響いた。悲鳴に隣人が駆けつけると、女性の胸に刃渡り17cmものサバイバルナイフが突き刺さっていた。その後、救急隊が駆け付けるも死亡が確認された …

神奈川県警の海老名署の警官、ブラジル人の男性の胸部を押さえつけて殺害するも、本名公表されず・逮捕なし

 神奈川県警海老名署さがみ野駅前交番(海老名市東柏ケ谷2丁目)で4月、交番内で暴れたブラジル国籍の男性=当時(39)=が複数の警察官に取り押さえられた後、窒息死した事件で、県警は10日、業務上過失致死 …

神奈川県警の警部補が建造物侵入で現行犯逮捕される

 26日午前2時ごろ、横浜市旭区鶴ケ峰2の雑居ビルの階段に男が侵入しているのをビルの男性オーナーが見つけて、取り押さえた。男は神奈川県警暴力団対策課の小笠原利晴警部補(40)で、通報で駆けつけた県警旭 …