渋井ジャーナル

違法捜査、誤認逮捕、冤罪事件。

警視庁

警視庁の中野署の警察官、工具所持の工事業者を身体拘束し性器や肛門を陵辱したとして提訴される。日本社会の敵となった警視庁

投稿日:

警視庁中野署の警察官から、違法な取り調べ・身体拘束をされて、精神的な苦痛を受けたとして、東京都の工事業者の男性が4月26日、国家賠償法に基づき、東京都(小池百合子知事)に慰謝料など計330万円の支払いをもとめて、東京地裁に提訴した。

●工具を所持していたことで連行された

原告は、給水管設備工事会社の代表をつとめる中野健太郎さん。

訴状によると、中野さんは今年2月4日夜、都内で発生した漏水事故の工事を終えたあと、立ち寄ったコンビニ前に作業車(ワゴン車)を停めて休憩していたところ、中野署の警察官が現れて、職務質問をもとめてきた。

中野さんが車の中を見せたところ、普段の工事で使用している工具(電工ナイフ、ガラスクラッシャー、マイナスドライバー)があったことから、「軽犯罪法違反で検挙する」として、中野署に連行されてしまった。

●「これであんたも犯罪者の仲間入りだ」

取調室で、警察官は、中野さんにジャンパー(作業着)を脱いで、ポケットの中身をすべて取り出すように指示した。さらに、中野さんの承諾がないのに、ポケットに手を入れたり、服の上から肛門や男性器を執拗に触るなど、所持品検査をおこなったという。

中野さんは「東京都や国から正式な許可をもらっている業者だ。なぜ検挙されないといけないのか」と主張したが、まったく聞く耳をもってもらえなかったという。それどころか、両手の指紋スキャンや顔写真の撮影もおこなわれた。

その際、警察官から次のような暴言があったという。

「あんた騙りだろう。社長を名乗っているが、所詮会社をクビにされたホームレスか何かに違いない。念のため空き巣や窃盗などの犯歴がないか調べるために、指紋をとるから」

「これであんたも犯罪者の仲間入りだ。あんたの写真や指紋のデータが全国犯罪者データに掲載されて、もう何かすればすぐに参考人として引っ張れるな」

●工事業者を狙い撃ちにした職務質問が相次いでいる

結局、中野さんは検挙されなかったが、身体拘束から解放されたのは、翌5日の朝6時ごろで、職務質問がはじまって8時間も経ってからのことだった。

中野さんの代理人によると、当時、警視庁管内では、職務質問キャンペーンがおこなわれており、中野さんのほかにも、工事業者を狙い撃ちにしたような職務質問があいついでいたという。

提訴後、記者会見を開いた中野さんは「でっちあげによる取り調べだった」「工事業者が工具をもっているだけで検挙されたら、建設工事ができなくなる」と怒りをにじませながら話していた。

(出典:弁護士ドットコム)

警視庁は日本の警察の中でも最も人権侵害を行なっている警察として有名ですので、このようなことが起こっても意外性がありません。

警視庁で職務質問キャンペーン始まったら、日本ではまた警視庁による国民への人権侵害を横行するのでしょう。

-警視庁

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

北海道警察の斜里署の警視、20代女性に強制わいせつを行うも逮捕されず・不起訴へ

 北海道警は6日、7月に20代の知人女性の体を触ったとして、強制わいせつ容疑で、前斜里署長、柴田利幸警視(56)の捜査結果を釧路地検に書類送付し、停職3カ月の懲戒処分とした。女性からの告訴がなく、釧路 …

警視庁の高井戸署が「否認すれば牢屋(ろうや)に入れる」「高校なんか行かせねえぞ」「少年院ぶちこむしか」中学生相手に自白強要、警視庁の犯罪組織化が止まらない

警視庁高井戸署の署員が2015年、万引きへの関与が疑われた中学3年の少年2人の事情聴取で「否認すれば牢屋(ろうや)に入れる」「高校なんか行かせねえぞ」などと暴言を浴びせ、自白を強要していたことが10日 …

警視庁が男子大学生を公然わいせつ容疑で誤認逮捕する、あいまいな証拠で無実の人間を逮捕する警視庁のゴミクズたち

 警視庁保安課は8日、東村山署が同日未明に公然わいせつ容疑で大学2年の20代男性=東京都東村山市=を誤認逮捕したと明らかにした。男性は約1時間20分間にわたり拘束された。同課は「男性が容疑者に似ている …

警視庁の警察官、面識のない女性の部屋に侵入し逮捕される

 女性宅に無断で侵入したとして、神奈川県警麻生署は20日、住居侵入の疑いで、警視庁の警察官、友枝幸之祐容疑者(25)=川崎市麻生区万福寺=を逮捕した。「酒に酔って人の家に入った」などと供述し、容疑を認 …

警視庁の昭島署の巡査部長、車で女性をひき逃げするも本名非公表・逮捕されず

 車で自転車の女性と接触事故を起こし、ウソの連絡先を教えて逃げたとして、警視庁は27日、自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで昭島署地域課の巡査部長の男(52)を書類送検し、停職3カ月の懲 …