栃木県警察

スポンサーリンク
栃木県警察

栃木県警の栃木署の警部補、2回にわたって女性を強姦し、その様子を撮影したとして逮捕される

 事件の関係者として取り調べた女性に性的な行為をしたとして、特別公務員暴行陵虐の罪に問われた元栃木県警栃木署警部補、上岡友洋被告(52)の初公判が26日、宇都宮地裁(井上泰人裁判長)で開かれた。上岡被告は「女性と会ったことは認めるが、性...
栃木県警察

栃木県警の宇都宮中央署の警官、遺体検視のために訪れた部屋にあった腕時計を窃盗する

 今年8月、病死した男性の検視に駆けつけた際、男性の自宅にあった高級腕時計を盗んだとして、占有離脱物横領罪に問われた元栃木県警宇都宮中央署員、仁平陸夫(にだいら・みちお)被告(35)の初公判が6日、宇都宮地裁(岡田健彦裁判官)で開かれ、仁平...
栃木県警察

栃木県警の巡査と警部補が児童ポルノ禁止法違反と詐欺を行うも逮捕されず、本名公表なし

 県警の巡査が携帯電話を不正に取得したとされる事件で、県警は14日、詐欺の疑いで機動捜査隊の男性巡査(27)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。また同日、児童ポルノのDVDを所持したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)の疑い...
栃木県警察

栃木県警のOBが障害者施設の暴行事件の証拠を隠滅するも処罰は罰金30万のみ

障害者施設の暴行事件にからみ、証拠隠滅の容疑で逮捕された栃木県警OBの男らが、職員に対する聞き取り調査でも、「事件の目撃者はいなかった」と虚偽の報告をしていたことが新たにわかった。 5日に送検された、元栃木県警OBの手塚 通容疑者(6...
栃木県警察

栃木県警が速度違反を誤って取り締まる、10ヶ月間で4200件も誤って取り締まっていた模様

 栃木県警は5日、速度違反を取り締まる機器「レーダ式車両走行速度測定装置」の電波投射角を誤って設定した状態で約10カ月間、交通取り締まりを行っていたと発表した。10カ月間で約4200件の取り締まりを行っており、県警は誤って検挙した可能性があ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました